2019年度 第2クオーターMVP受賞 「北陸での転職といえば、カラフルカンパニー」を目指して、チームに新しい風を吹き込む。

【採用】中西 麻美

リビング事業統括部 コンサルティング紹介部 人材情報課 係長 中西 麻美 / Mami Nakanishi

石川県出身。神戸の大学を卒業後、新卒で株式会社クイック(※)に入社。人材紹介の領域で活躍。地元への転居に伴い、2019年4月カラフルカンパニーに転職。「ココカラ。転職」のキャリアアドバイザーとして人材紹介の業務を担当。入社後すぐに実績をあげ、2019年度 第2Q MVP受賞。プライベートでは2児のママとして、育児と仕事の両立に励んでいる。


※株式会社クイックは、カラフルカンパニーを含む合計13社で構成される、クイックグループの親会社

~「ココカラ。転職」とは~

北陸3県・新潟で転職を考えている方のために、キャリアアドバイザーが転職希望者と企業の仲介を行う職業紹介サービス。2019年度上半期の「GOOD AGENT RANKING」(株式会社リクルートキャリア リクナビNEXT発表)では、リクナビNEXTと提携している全国の人材紹介会社430社の中で、【総合部門】7位、【IT・WEB部門】6位、【製造業エンジニア部門】7位 を獲得。北信越では「ココカラ。転職」が唯一ランクインしており、カラフルカンパニーの中でも成長著しい事業となっている。

人材紹介に興味を持ったきっかけは何だったんですか?

就活を始めたときに、営業職を軸に会社を探していました。私は負けず嫌いで、目に見えてわかる数字の目標を追いかけることが自分に合っていると思ったんです。「モノ」を売る大手のメーカーばかり受けているときに出会ったのが、株式会社クイックでした。そこで「サービス」を売るということを知ったんです。
入社の決め手は、働いている社員が魅力的だったことです。仕事に関しても、幅広い業種の会社や様々な経歴の人と会えるので、刺激的ですごく楽しいです。自分が紹介した求職者の方と企業がピッタリ合って、入社につながったときは、自分のことのように嬉しいですね。

結婚、出産を経験していますが、仕事内容に変化はありましたか?

1人目の子どもを出産してから復職したときは、人材紹介事業のサポート業務、2人目のときは、求職者にスカウトメールを送信する業務を専任で行いました。社内の勉強会の主催をしていたのもその時期です。当時は、「サポート業務ではなく人材紹介の仕事がしたい!」と思っていましたが、スピード感を持って質の高いスカウトメールを送ることや、勉強会で学んだ知識が、今もすごく活きていると思います。

クイックでは関西勤務、カラフルカンパニーでは北陸勤務と、マーケットが変わりましたが、仕事をしていて違いを感じることはありますか?

その年に何人中途で採用するかという採用計画を持っている企業が、ほとんどないことが大きな違いです。関西で仕事をしていたときは、企業の採用計画を基に、どのような企業から、どうアプローチするかを決めていたので、最初は困惑しました。ですが、潜在ニーズを掘り起こして、ご提案するという業務内容は基本的に同じなので、企業との接点を重視しながら、定期的に連絡して採用についての情報を常に受け取れるようにしています。

入社半年で「2019年度 第2クオーター MVP」を獲得。2クオーターの実績全てが初成約企業でしたが、紹介実績のない企業や、過去にアプローチして成約に至らなかった企業にアプローチするときに、意識していたことはありますか?

とにかく「信頼」を勝ち得ること。その一言に尽きますね。私たちが扱っているのは専門的な「情報」です。その鮮度も正確性も重要です。私は、入社してから、石川県以外の会社をメインに担当しているので、企業の担当者の方とは基本的に電話でのやり取りになります。電話でその企業の採用活動や業務内容についてうかがうことになるのですが、最初の接点でどんな素晴らしいプレゼンをしても、その後のパフォーマンスが不誠実だったら、一瞬でその関係は崩れてしまいます。だから、継続して誠実に向き合い続けることを心がけています。的外れでないこと、スピード感も大切にしています。

私が得意としているのは、機械系の専門的な職種です。抽象的な「職種」というよりも、どんな業務に就いてほしいか、どんな業務をしてきたか、に重点を置いているので、一つの「職種」というところから、細かな「工程」にまで深掘りして理解を深めました。おかげで、機械系の企業の事業内容と製品を見れば、どんな人がほしいのか分かるくらいになりました(笑)。

転職希望者との面談で、気を付けていることや工夫していることはありますか?

とにかく求職者さんに徹底的にヒアリングします。家族構成や、今後やりたいことなど、一見仕事に関係のなさそうなことでも、可能な限り細かく聞きます。そうして得た情報をどう伝えるかが一番大切。私たちの腕の見せどころです。どうしたら企業の採用担当者が興味を持ってくれるのか、しっかり考えます。

今回、自分がカラフルカンパニーに転職したことによって、これまでよりも求職者さんの気持ちにより寄り添えるようになったと思います。今まで、聞いた情報でしかなかった「転職」を、自分の経験として話すことができる。求職者がリアルに悩んでいることに対して、実体験からアドバイスできるようになったのはすごく大きいと思います。

その中でも印象的な仕事は?

愛知県から福井県に転職を希望していた求職者さんは心に残っていますね。元々自動車部品メーカーで生産技術を行っていた方なんですが、福井県でも同じような業務がしたいとおっしゃっていて。でも、残念ながら福井県内には、機械系の会社が少なく、どうしようと思っていたんです。

そんなときに思いついたのが、石川県加賀市にあるバイク用部品のメーカー。企業側からはずっと「求人は募集していない」と聞いていたんですが、作っている製品や業務内容のことを考えると、「ここしかない!」と思いました。企業の方に改めて、「こんな方がいるのですが」と紹介させていただいたところ「ぜひ、その方に会ってみたい」と言っていただけました。求職者の方も、最初は「福井県ではないから」と前向きではなかったのですが、業務内容をわかりやすく伝え、「あなたの今の仕事がこういう場面で活きる職場ですよ」と話すと、面談を承諾してくださいました。最終的にその方の入社が決まったときは、嬉しかったですね。「顕在ニーズだけじゃなくて、潜在ニーズを上手く引き出すことができた!」と実感できた瞬間でした。

仕事を離れれば、2児のママですが、家庭と仕事の両立は大変ですか?

家庭では子どもと過ごす時間を大切にしたいので、会社からのメールがあっても返信しません。求職者の方とのやり取りは、夜遅くや土曜・日曜になるんじゃないかと思っている方もいますが、私は家庭とプライベートの線引きはしっかりしたいので、業務時間内に対応しています。どうしても遅くなるときは、実家が近くにあるので、両親に子どもたちのお迎えや夕食をお願いしています。
早く帰るために、時間の意識は人一倍高いと思います。出産してからの二度の時短勤務の経験がすごく活きています。限られた時間の中で業務に取り組む意識や、効率的に効果を出す求職者への連絡方法など、制限があったからこそ、自分で考えることができたと思います。

今後の目標は?

個人としてというよりはチームとしてなのですが、「転職といえばカラフルカンパニー」という認識を北陸と新潟で確固たるものにしたい。人材紹介は、システムの質というよりも、アドバイザーの力量で、満足度が大きく変わってくるもの。だからこそ、アドバイザーの提案力と会社のブランド力があるカラフルカンパニーなら、多くの求職者と企業に満足いただける転職のサポートができると思います。この強みをどう活かすのか、チームのみんなでしっかり話し合っていきたいです。

忘れられない仕事をしよう。

CONTACT お問い合わせ

  • WEBで問い合わせ
  • 電話でお問い合わせ

【WEBで問い合わせの場合】
3営業日内に担当者よりご返答いたします
※GW、夏季、年末年始の弊社長期休業の際は恐れ入りますが、
ご返答が休業明けになりますことを予めご了承ください

【電話でお問い合わせの場合】
対応時間:平日午前9時~午後6時
「総務課 採用担当」までお電話ください