メディアプランナー(営業)/住宅領域/2018年新卒入社 どんな仕事にも生かせる力を培うために、営業職を選びました。

【採用】前田 佳陽子

前田 佳陽子 / Kayoko Maeda

2018年新卒入社。大学では教育学を専攻。教員の道へ進むか迷った末、カラフルカンパニーに入社。約3ヶ月間の新人研修後、メディアプランナー(営業)として石川本社に配属。現在は住宅領域を担当し、金沢市を中心にハウスメーカーや不動産会社のクライアントを担当している。

大学生の頃、カラフルカンパニーのことをどのように知りましたか?

合同企業説明会で初めて知りました。ブースにたくさんの学生が集まっていたので、気になって覗いてみたのがきっかけです。私は教育学部だったので、3年生の夏ごろまで、就職するか、教員を目指すかで迷っていました。最終的に就職を選んだのですが、その時には夏のインターンシップも終わっていたし、周りは教員志望の友人ばかりだったので、就活の情報がなかなか入ってこなくて。だから、カラフルカンパニーを知ったのも、遅いほうだったと思います。

営業職希望で選考に進んでいましたが、営業職を選んだ理由は?

カラフルカンパニーだけでなく、他の企業も営業職で選考を受けました。営業の仕事は、社内・社外問わず、いろんな人とコミュニケーションを取る職種だと思います。そういうコミュニケーション力は、この先どんな仕事をしても活かせると思ったからです。
アパレルショップでバイトをしていたのですが、そこでの経験も大きかったですね。自分のアドバイスで服を買っていただけたり、常連のお客さまと仲がよくなったり、人と接する仕事に魅力を感じていました。あと、バイトでも個人ごとに売上目標が設定されていたのですが、それを達成すると社員さんから褒めてもらえるのが嬉しくて。「あ、数字を追うのって面白いな!」と感じていました。達成すると自信もつきます。だから、営業職を目指すことに迷いはありませんでした。

カラフルカンパニーへの入社の決め手は?

私の就活の軸は、「興味のある分野であること」と「自分が成長できる環境であること」の2つでした。当時興味があったのは、広告、印刷、アパレル、食品系です。最終的にカラフルカンパニーに決めたのは、社員の雰囲気が他の会社と全く違っていたから。若手の先輩社員とお話しした時に、一人ひとり、やりたいことが明確だったんです。「社会人になっても、こんな風に自分がやりたいことをしっかり持っていられるのは素敵だな!」と感じて、ここで一緒に頑張りたいと思って、入社を決めました。

新人研修後、『金沢情報』のタウン領域に配属。どんな仕事をしましたか?

新規のお客さまを獲得することがミッションでした。飛び込みの営業は大変でしたが、「いかに端的に、お客さまに刺さる伝え方をするか」ということを学びました。お客さまの営業時間中に訪問するので、ちょっとしかお話しできない時もあります。相手の状況に合わせた商談の仕方を、瞬時に判断することが難しいと感じましたが、本当に勉強になりました。それに度胸も付きました(笑)。

現在は、『金沢情報』の住宅領域に異動。どんなお客さまを担当していますか?

ハウスメーカーや不動産会社のお客さまを担当しています。住宅イベントの告知や、土地の売買の広告を提案しています。メインは『金沢情報』ですが、2ヶ月ごとに発行している『家づくりナビ』の広告提案も担当しています。

大変だったことや、苦労したことはありますか?

最初は住宅・不動産領域について知らないことが多くて戸惑うこともありましたが、お客さまに教えていただいたり、先輩社員に聞いたりして、知識を身に付けていきました。課の雰囲気もアットホームで、仕事中にプライベートの話で盛り上がるときもありますし、雑談の中で、「あ、そういえば今日お客さまからこんな話を聞いたんだけど…」といった感じで、自然に情報共有できています。だから、そこまで困ったことはないですね。
ペア上司とは、今も毎日振り返りの時間を取ってもらっています。数字の進捗確認だけでなく、受注できなかったときには、何が理由だったのかを浮き彫りにして、次の提案を一緒に考えることもあります。すごくきめ細かく寄り添ってもらっていると感じています。

「この仕事、やってて良かった!」と感じたエピソードを教えてください。

自分の提案がお客さまに受け入れられて、受注に繋がったときが一番嬉しいです。自分を信頼してもらって、その対価としてお金を出していただける。これが励みになります。

ある不動産会社のお客さまと商談したとき、「うちは、別の会社の不動産情報サイトに情報を載せているから、『金沢情報』に広告を出す必要はない」と言われたことがありました。でも、お話を聞いていくと、中には全く動きのない物件があることが分かりました。だから、「不動産情報サイトの利用は継続しつつ、『金沢情報』を使って、これまでと異なるターゲット層にアプローチしませんか?」と提案したところ、受注に至りました。そのあと、「『金沢情報』の読者の方に、あの物件売れたよ!」と、お客さまから喜びのお電話を頂いた時は、本当に嬉しかったですね!

今後の目標を教えてください。

お客さまに『金沢情報』の広告以外のことでも頼っていただけるように、自分自身の付加価値を高めていきたいです。例えば、編集制作の社員のような表現力を身に付けられれば、今よりもっと良い提案ができるかもしれません。お客さまのパートナーとして認められるような存在になりたいです。

忘れられない仕事をしよう。

CONTACT お問い合わせ

  • WEBで問い合わせ
  • 電話でお問い合わせ

【WEBで問い合わせの場合】
3営業日内に担当者よりご返答いたします
※GW、夏季、年末年始の弊社長期休業の際は恐れ入りますが、
ご返答が休業明けになりますことを予めご了承ください

【電話でお問い合わせの場合】
対応時間:平日午前9時~午後6時
「総務課 採用担当」までお電話ください