メディアプランナー(営業)/求人領域/2014年新卒入社 お客様の企業課題・採用課題をヒアリングして、ベストな採用手法を提案する。

【採用】佐々木 光史

佐々木 光史 / Koji Sasaki

2014年新卒入社。理系出身。新人研修後、メディアプランナー(営業)求人領域に配属。お客様の企業課題・採用課題をヒアリングし、主に「金沢情報」や「Indeed」を用いた採用手法を提案している。

求人領域担当のメディアプランナー(営業)は、主にどういった業界のお客様を担当していますか?

介護・福祉や飲食店など、幅広い業界のお客様を担当しています。メディアプランナー(営業)1人ひとりに担当エリアが割り振られていて、そのエリア内の企業・お店は、基本的に全て自分のお客様になります。

お客様と、どのような商談をしていますか?

求人領域の営業担当者は、企業やお店の経営者や人事・採用担当の方と面談し、「お客様の採用課題をどう解決するか」を考えます。
新たに人材を必要とする背景は、お客様によって異なります。例えば、急に社員が辞めてしまったので急遽募集する場合もありますし、新しい部署を立ち上げるために増員する場合もあります。だから、お客様の企業課題・採用課題、どんな人を採用したいのか、入社後どのように働いてほしいのか、といった採用後の姿なども含めて、「採用したい人材像」を一緒に描いていきます。
その上で、採用手法として「金沢情報」や「indeed」をどう活用するかを具体的に考えるようにしています。

原稿を作るときに、何か気を付けていることなどありますか?

求人広告は、給与や勤務時間などの労働条件だけを載せればいいわけではありません。その会社で働く人や会社の雰囲気、研修制度など、お客様の良さを、ターゲット層にしっかり訴求できるように心掛けています。
募集職種によっては、「キツそうな仕事」「初心者では難しそう」といった良くないイメージが先行している場合もあります。だから、仕事内容を細かく聞いて、「実はそうではない」ということが伝わるように、先入観や不安要素を覆せるような打ち出し方を模索して作っています。

新人研修後、営業部(求人領域)に配属。大変だったことや苦労したことはありますか?

新人の頃、最初は「金沢情報で正社員特集をします!」といった、商品説明ばかりになっていました。あるとき、同行してくれた先輩社員から、「もっと経営者の話を聞いた方がいい。商品の説明は最後でいいから」とアドバイスをもらいました。そこからですね。経営者はどういうことを考えていて何に困っているのか、お客様が自分に求めることは何だろうか、と考えるようになり、本などを読んで、「経営者の視点」を勉強するようになりました。
今では、「金沢情報」や「indeed」などの商品の案内は、商談の中で一番最後。営業スタンスを変えることは、最初は大変でしたが、大切なことに気付けて良かったと感じています。

今では後輩の指導もしていますが、後輩ができて自分自身に変化はありましたか?

今、2人の部下を指導しています。目標数字に対して進捗を確認するだけでなく、今後どういう風にお客様にアプローチしていくのか、相談に乗っています。「一緒に目標達成しよう!」と言うからには、自分も目標達成しなければ説得力がない。そういう点で責任感が出ましたね。
あと、目標達成にこだわるタイプ、自分で考えて落とし込んでから行動するタイプなど、人によって仕事のやり方や原動力が異なります。だから、個々のタイプに沿った成長の促し方を考えることの難しさも知りました。「きっと、自分を指導してくれていた先輩社員も同じように苦心したのだろうとな」と今なら分かります。

「この仕事、やってて良かった」と感じたエピソードを教えてください。

担当している介護施設の職員の方から、同じ敷地内に保育園をオープンすると聞きました。そこで、保育士の採用を手伝うことになったのですが、「10名以上採用したい」と依頼がありました。保育士は募集を出してもなかなか採用しにくい職種です。だけど、「何とか成功させなければ!」という想いでいっぱいでした。
そこで、新しい保育園の施設長になる方に、どんな保育園にしていきたいか、どんな人と働きたいか、細かくヒアリングしました。保育園というと、保育士の数に対して子どもの数がとても多く、なかなか細かいところまで目が届きにくいこともあります。でも、その保育園は「ゆっくりと子ども達と関われる場所にしたい」という保育方針を掲げていらっしゃいました。その方針に共感する保育士を採用できるような表現で求人広告を作ったところ、予想を上回る応募があり、早々に10名の採用に至りました。無事に保育園もオープンして、お客様にも喜んでいただけました。

今後の目標は?

「佐々木くんだからお願いしたい」と言われるような存在になりたいですね。お客様ご自身でも気付いていないような企業課題や、企業の強みを見つけて、それを踏まえた提案ができるような、お客様にとって価値のある営業担当になりたいです。

忘れられない仕事をしよう。

CONTACT お問い合わせ

  • WEBで問い合わせ
  • 電話でお問い合わせ

【WEBで問い合わせの場合】
3営業日内に担当者よりご返答いたします
※GW、夏季、年末年始の弊社長期休業の際は恐れ入りますが、
ご返答が休業明けになりますことを予めご了承ください

【電話でお問い合わせの場合】
対応時間:平日午前9時~午後6時
「総務課 採用担当」までお電話ください