新規事業も手がける編集長 「それ無理!」を変えていく、挑戦的な仕事をやっていきたい

カラフルカンパニーとの出会い

大学は広島。特に地元志向というわけじゃなく、雑誌とかWebとかの企画系を探していた。
たまたま大阪の会社説明会で、カラフルカンパニーに出会った。
「説明会のあと、みんなでUSJに遊びに行くの!」って、リクルーターの人がうれしそうにしてた。
雰囲気もいいなあ、こんな明るい会社が地元にあるんならって、気持ちが傾きました。

新しいサービスを創る仕事

編集部の役割は、単にメディアの文章やデザインを手掛けることじゃありません。
メディアづくりを通して、人と企業の動きをつくり、人と企業をつないでいく。
人が喜ぶサービス、企業発展につながるビジネスチャンス、それらを創造することで地元を元気にすることが本質なんだと思います。

最近手掛けたのは、「金沢まちのパン屋さん。」の創刊。
エリアごとに分けてパン屋を紹介して、週末にちょっと出かけて楽しめるようなイメージで創りました。
どれも店主の熱い思いやこだわりが詰まった、自慢のパンを揃えています。
読者にそれが伝わるよう、メンバー全員で奮闘しました。

発売後は、想定以上に反響がありました。
ユーザーからは「こんな本が欲しかった!」という反応もありました。嬉しいですね。

「ココカラ。」という事業も立ち上げました。
当社は、「結婚SANKA」「家づくりナビ」という雑誌を発行していて、
ブライダルと住宅のマーケットで人々と企業の出会いをつくっています。

どちらも人生で一度の一大イベントですからね。メディアを超えて、リアルな相談サロンをつくろうかと。
そして、もっと深く人々の希望や悩みに直接耳を傾けようよと。
そのうえで最適な式場や住宅メーカーを、中立的な立場で紹介しようと考えたんです。
相談サロン「ココカラ。」は、本社社屋の1階にオープンしました。

主体的に動く人と一緒に働きたい

社長も進んでチャンスをくれるんで、新しいことに挑むうえで、壁はなんにもありません。
加えて、元リクルートの敏腕がうちにはいるので、その大先輩からビジネスプロデュースについて盗んでいます。
市場創造性の高い戦略について、あれこれ視点を与えてくれる師匠ですね。
「お前はディテールが甘いなあ」と笑顔でキツイ指摘をくださいます(笑)。

私もそろそろ後輩育成に本腰を入れたい。
自分主体で動きたくてたまらない人間がいいですね。

自ら機会をつくって、その機会によって自分で成長しようとする人間。
そんなヤツに、私は自分のぜんぶを伝えるし、ライバルとして勝負したいと思います。
年齢なんて関係ない。
ハングリーで挑戦意欲のある人と一緒に、地方をアップデートしていきたい。
「それって無理でしょ」を「絶対可能にしてやる!」。
そんな仕事、シンプルにめちゃくちゃワクワクしませんか?

忘れられない仕事をしよう。

CONTACT お問い合わせ

  • WEBで問い合わせ
  • 電話でお問い合わせ

【WEBで問い合わせの場合】
3営業日内に担当者よりご返答いたします
※GW、夏季、年末年始の弊社長期休業の際は恐れ入りますが、
ご返答が休業明けになりますことを予めご了承ください

【電話でお問い合わせの場合】
対応時間:平日午前9時~午後6時
「総務課 採用担当」までお電話ください