マーケティングプランナー/2008年新卒入社 メンバーを「自走させる」マネジメント。自走しやすい土台づくりを

【採用】丸山 雄大

北陸事業統括部 営業推進部 Web運用課 課長 丸山 雄大 /Yuta Maruyama

2008年新卒入社。入社後はメディアプランナー(営業)として福井支店にて勤務。その後、社内で立ち上がったばかりのWEBのチームに異動し、webサイトの更新業務などを行う。2012年からはマーケティングを行う課で新規事業の開発に関わり、その経験を活かして2015年からは「家づくりナビ」などの今後の戦略の検討・web領域の開発等を担当。2018年にマネージャーに昇格し、webメディアの立ち上げやIndeedの導入を中心となって推進した。2020年からはweb商品の作成やSNSの広告運用を中心に行うチームのマネジメントを行っている。2020年度第2Qメディアプロデュース部門 マネージャーMVP獲得。

具体的にどんな仕事を行っていますか?

僕の課では、カラフルカンパニーが関わるweb制作物の管理・運用を行っています。一口にweb制作物といってもwebサイト・ランディングページ・SNSなど内容は様々。社内で完結するものもあれば外部に発注しているものも。それにともなってメンバーの職種や業務内容も本当に幅広いんです。時にはチーム内で情報が行き違って混乱するんですよね。だから、マネージャーとして、チームメンバーの目線や土台を揃える、ということをしています。調整役というとわかりやすいかもしれませんね。

メンバーと接するときに意識していることはありますか?

「自走させる」ということです。ただ、最初から「はい、やってみて」と言うわけではありません。入社したてのときは価値基準も実力もない。組織で自分がどんな役割を担えるのかも把握できていない。だから、考え方の手順は教えます。今どういう状態なのか、どう考えればいいのか、何から考えたらいいのか…。誰かに「やれ」と言われたことをただやるのは、最高につまらないじゃないですか。だから、動くためのヒントと動きやすい場所を渡して、あとは自分なりに考えて行動してもらっています。

2020年度第2QのマネージャーMVP獲得、その背景には何があったと思いますか?

チームメンバーの自走力。それに尽きますね。今回同じタイミングでMVPを獲得した坂さんはうちのチームのメンバーなのですが、彼女の活躍も彼女の自走力があってこそ。誰よりも準備して、針の穴も通さないようなものをつくりあげる。そして自分で考えてブラッシュアップしていく。正直、僕がやったことなんて、話がもつれてきたときに矢面にたったことくらい。あとは、彼女に自信をつけさせるということもしましたね。ものすごく必要とされているのに、自分の実力を見誤って過小評価していたので。そもそもweb営業課が、しっかり案件を受注してきてくれた。こんなふうに僕が何かしたってことはほとんどないんです。いつも周りに自走する素質のあるメンバーが集まってきた。ただ、それだけです。

今後の展望は?

人材を「流出」ではなくて「輩出」していく会社にしていきたいです。会社を去るときは「やりたい」ことを見つけて次のステップに進むためだ!っていう。「カラフルカンパニーでの経験があってよかったな」と思ってもらえるような。
そんな会社にするためには、社員みんながやりたいことができる必要があるんです。残念ながら全部やりたいことにするのは難しい。だから、やりたくないこともあるけど、やりたいこともちゃんとできているな、って思えるような環境を作る。これこそ調整役の役目だと思う。

個人としての展望はありますか?

難しいですね。ざっくりとしてしまうのですが、今まで誰もやっていない新しいことをやっていきたい。多分、この会社で新設の部署を経験した数で言うと僕が一番だと思うんです(笑)。だから誰よりもいい場所で、新しいものを創り出す現場を見てきた。でもそれは誰かが設定してくれた場所だったんです。次は自分でその場を生み出したい。誰も見たことのない景色を一度見れたらいいですね。

CONTACT お問い合わせ

  • WEBで問い合わせ
  • 電話でお問い合わせ

【WEBで問い合わせの場合】
3営業日内に担当者よりご返答いたします
※GW、夏季、年末年始の弊社長期休業の際は恐れ入りますが、
ご返答が休業明けになりますことを予めご了承ください

【電話でお問い合わせの場合】
対応時間:平日午前9時~午後6時
「総務課 採用担当」までお電話ください