株式会社カラフルカンパニー

RIDE ON

RIDE ON

RIDE ON TIME! make a new epoch

観光客が何百万人増えても、情報発信に魅力がなければ、打ち上げ花火で終わる。だから、カラフルカンパニーがやる。

石川、富山、新潟、福井が、北陸新幹線の開業により、大都市に暮らす人が旅してみたい文化エリアに変わった。

北陸エリアでの食事、ホテルや旅館での宿泊が増える。お土産や思い出の記念品なども売れる。公共交通機関やタクシー、レンタカーなどを使用してのドライブ観光も増える。企業進出で雇用も増える。首都圏への販売ルートも拡大し、地元企業は発展する。

その2つ、カラフルカンパニーがやってみせる。きみも乗り遅れるな。

RIDE

地元で昇ろう。

北陸のマーケットを見ずに、大都市オンリーの就活はリスキー。
地元の金沢、富山、新潟、福井を、候補に入れるべきです。

Bのあなた、求む。地元で落ち着く、ではなく、地元を沸かせる就職を。カラフルカンパニーへ、ようこそ!

地元には、友や家族がいる。心が落ち着く風景もある。でも、社員たちはそれだけで、地元で働くことを選んだわけじゃない。
ビジョナリ―で戦略的な「カラフルカンパニー」との出会いが、背中を押してくれた。
「この会社なら、地元を沸かせる、地元できわ立つ。そんなまぶしい仕事がきっとできる。大都市に負けない、高度な仕事がきっとできる」
そんな期待が、地元就職を決心させてくれた。
志は高いが、若くて未熟。だから、いいのです。この手で変革する喜び、創り上げる喜びが、たっぷりあるからいいのです。
受け身ではなく、主体的に夢や希望を追いかけられる場所。カラフルカンパニーへ、ようこそ。

地元で、昇ろう。

KANAZAWA > TOKYO

11年、東京で働いた。
金沢に来て8年目。
これからの成長感は
その11年を超える予感がします。

北陸新幹線は、北陸発展のすさまじい起爆剤になった。これは間違いのないことです。しかし、私たちは行政の努力に依存するつもりは毛頭ありません。むしろ、行政に負けないほど主体的かつ積極的な姿勢で、北陸発展を引っ張るリーディングカンパニーの1社をめざしたいと決意しています。
北陸3県と新潟県に根ざした編集出版事業、インターネット事業、そして企業の戦略パートナーという立ち位置を通じて、地元のお店やサービス企業に働きかけます。
そして、観光客を惹きつけてやまない<目新しい飲食サービスのあり方><個性的な宿泊のあり方><ユニークなお土産もの><北陸文化を堪能できるドライブコース>などを、ともに企画創出していきたい。ただ単に既存の楽しさを情報化するだけではなく、新しい楽しさを地元企業とともに新たにビルディングして情報発信していく計画なのです。
「地元の街や町が元気になる、メディア事業やサービスの創造と展開」「地元企業の成長を支える戦略プランニング」に加えて、「観光エリアとしての企画創出」という新しい社会ミッションを抱けることは、じつに名誉なことだと感じています。
カラフルカンパニーは加速をつけて、もっともっとエキサイティングな企業になります。私の経歴は、名古屋勤務が10年、福岡勤務が1年、東京勤務が11年ですが、金沢でのこれからの数年は、東京の11年を上回るダイナミックな隆盛期になるのではと、武者震いしているほどです。
この地域のこれからを、私といっしょに、切り拓きませんか。

代表取締役社長 中井 義貴

BIG IMPACT

約530万人の幸せに貢献する責任が、私たちにはあります。いえ、偉そうではなく、それだけの影響力があるのです。

私たちが編集出版する生活情報誌を、毎週100万人以上が、読んでくださる。毎週平均200以上の会社やお店が、情報掲載を求めてくださる。北陸生活のすごい情報インフラを、私たちは握っている。北陸どころか全国の企業がうらやむ、すごい事業資産。これで貢献できなければ、失格じゃないですか。

●私たちは、「金沢情報」「富山情報」「新潟情報」という生活情報誌を、毎週55万5千部、編集発行。1戸当たりご家族3名が手に取るとして、毎週166万人もの読者がついている、という計算になります。
●週刊ですから、春夏秋冬、毎週毎週166万人が、この生活情報誌を待っていてくださる。暮らしの深いところにしっかりと根付いているのです。
●スケールの大きな事業資産と資源を、カラフルカンパニーは保有しているわけですから、働く社員は現状に満足することなく、いつも新しいビジネスとサービス創造にチャレンジしつづける使命があるのです。
●この使命を背負って、新しいサービスづくりに挑みたい人、ぜひ来てください。

大都市の大手を蹴ってください。21兆6,000億円の経済が、きみを待っている。

経営者の戦略パートナーをめざそう。企業を動かすことで、人々を動かし、経済と暮らしを活性化する。これがビジネスモデルの基盤です。

●展開するメディア事業には、“情報発信を楽しみにしてくださる一般読者”と、そして“広告メディアとして情報掲載に投資くださるお店や企業”という2つのお客様がいます。
●求人情報やファッション情報、美容情報やグルメ情報、結婚式や住まい選びに関する情報など、すべての情報発信の基準は、“生活者の役に立てるか、お得だと感じてもらえるか、わくわくできるか”という生活者視点であると同時に、“その情報発信で人がどれだけ動くか、その動きで企業成長をどれだけ支援できるか”という経営視点が求められるのです。
●この2つの視点でメディア開発と販売ができる、というポイントが私たちの仕事をより創造的にしています。「街の活性化とは結局、人と企業の動きを元気にすることに行きつく」この真実を体現するメディア事業、それがカラフルカンパニーのビジネスなのです。

メディア一覧

フリーペーパー

  • 金沢情報

  • 富山情報

  • 新潟情報

有料誌

  • 家づくりナビ

  • Tateta

  • 結婚SANKA

  • 週末、金沢あそび。

  • Lunch Fan!

  • 金沢ラーメン案内

  • いしかわの温泉

  • 富山 旨い肉と出会う本

インターネット事業

  • 金沢情報Web
    富山情報Web
    新潟情報Web

  • オシゴトパーク

  • 家づくりナビ

  • 結婚SANKAナビ

  • marrico

  • 週末、金沢。

  • namarii

  • 一期一酒いしかわ/とやま

  • LINEスタンプ
    金沢弁/富山弁/新潟弁/福井弁

コンシェルジュ事業

  • ココカラ。ウエディング
    ココカラ。家づくり
    ココカラ。縁結び
    ココカラ。転職

関連事業

  • ポスティング事業

  • イベントやセミナーの企画・開催

HUNGRY

単なる情報メディア売りではなく、情報で元気なマーケットを創る。高度なノウハウですが、伸びしろNo.1の当社は能力開発にハングリーです。

どんな情報をどう特集し加工編集すれば、“新しいマーケット”を生み出せるだろう。当社のカラフルパーソンたちは、地元を元気にするための戦略的なマーケットづくりに注力しています。まだまだ未熟、もっともっと伸びる。そう信じているから、成長に天井はありません。私たちは、伸びしろナンバー1のカラフルカンパニーです。

●企業の求人情報や販売トレンドを発信することで、地元の人々の会社への応募や商品・サービスの購入などの行動へとつなげていく。あるいは、「人は今こんな動きを見せているから、企業はそこを狙ってこんな計画で動くべきですよ」とこちらから人々に支持される戦略を提案する。「こんな特集を組めば、こんなターゲットの来店がきっと増える。売上アップのチャンスです。この特集に参加するために、新メニューを開発しませんか」と経営に踏み込んでサービスのあり方を提案することもあります。
●営業職も編集職も、単にページを企画しページを販売する単純ワークではありません。それも大事なことですが、社員たちはいまそこを超え、より付加価値の高いバリューメーカーへとギヤチェンジ。
●4県あわせて21兆6,000億円を超える経済規模とたくさんの経営者も、カラフルカンパニーにもっと深く切り込んだ提案、企業成長へとつながる一つ上のコンサルティングを期待してくれています。

ところできみは、成長にハングリーな人ですか?よかった、いい仲間になれそうです。.1の当社は能力開発にハングリーです。

芳滝 俊介

2013年中途入社
北陸営業統括部 本社営業部
営業1課 課長
2015年度年間MVP受賞

大都市と同レベルの品質要求。
壁の高さと感じるか、成長チャンスと感じるか。
私はもちろん、後者と仲間になりたい。

実家は神奈川県で、大学は東京。新卒での就職先も東京です。ポイントカードを活用した販売促進を、スーパーマーケットに対してコンサルティングしていました。たまたま石川が転勤先になったときは、「え?地方?」って感じで。

でも考えてみれば、私は都会が大好きというわけではない。満員の通勤電車とかすごくイヤで。金沢に3年半いたんですが、好きなサーフィンができるポイントは近いし、クルマ通勤だし、食事は美味いし、かなりの都会ですしね。

住みごこちの良さが体に馴染んでいたんだろうなあ、そのあと岡山県に転勤になって半年、無性に金沢に戻りたくなって。結果、退職しました。

金沢に戻って選んだのは、機械装置の製造メーカー。でも、型も機能もすでに完成された有形商品を販売提案することに、あき足らなさ、消化不良を感じ始めたんです。逆にそこで、自分が本当にやりたいことを再確認できたというか。

やはり私は自分で集めた情報をもとに、無形のソリューションサービスをこの手で企画アレンジして提案したいタイプなんです。

そんなわけで、カラフルカンパニーとの出会いはタイミングがぴったり。「金沢情報」のメディアプランナー(営業)は性に合っている。お客様の視点、自分視点、客観的な視点と、私自身の視界を広げながら事業主や経営者と向き合う。どんな企画を実施して、どんな消費者や求職者とお客様情報をつなげれば、お店や事業の売り上げがあがるのか。まさにマーケットとサービス価値そのものを自分で創造していける。

無形だからこそ、「自分で考えて自分で行動する」というハードルはあるわけだけど、「主体的に考えて動くことが好き」という学生なら、このハードルが自分を大きく育ててくれるはずです。

大都市と地方都市、いまや情報流通やトレンドはフラットになっていると思いますよ。ファッションとかグルメとか、ほとんど時差はない。つまり、情報アンテナも企画鮮度も時代性も、消費者の気分洞察や創り上げるメディアのクオリティーも、大都市とほぼ同レベルのものが求められる。そこを、壁の高さと感じるか、大きな成長チャンスと感じるか。私はもちろん、後者と仲間になりたい。

團野 智典

2007年新卒入社
編集統括部 本社編集部
本社メディア編集課 課長
家づくりナビ・結婚SANKA・ムック本 編集長

目に見えない情報が
人や企業をつなぐ。
この好循環を生み出し続けたい。

大学は広島。特に地元志向じゃなく、雑誌とかの編集企画がやりたくて、出版系を探していた。たまたま大阪の会社説明会で、カラフルカンパニーに出会った。「説明会のあと、みんなでUSJに遊びに行くの!」って、リクルーターの人がうれしそうにしてた。

雰囲気もいいなあ、こんな明るい会社が地元にあるんならって、気持ちが傾きました。

編集部の役割は、単にメディアの文章やデザインを手掛けることじゃありません。メディアづくりを通して、人と企業の動きをつくり、人と企業をつないでいく。人が喜ぶサービス、企業発展につながるビジネスチャンス、それらを創造することで地元を元気にすることが本質なんだと思います。

最近手掛けたのは、「金沢ラーメン案内」の創刊。金沢は海鮮のイメージが強いですが、実はラーメン店も多く、人口に対するラーメン店の店舗数は、全国でも10位以内に入るほど。だからこそ、もっと地元のラーメンを知ってもらいたい、金沢にブームを起こしたい、という気持ちで創刊に至りました。

プロジェクトを立ち上げて、79店舗のお店に行き、実際に食べて記事にしました。どれも店主の熱い思いやこだわりが詰まった、自慢の一品。読者にそれが伝わるよう、メンバー全員で奮闘しました。

発売後は、想定以上に反響がありました。読者からは「こんな本が欲しかった!」という反応もありました。嬉しいですね。

「ココカラ。」という事業も立ち上げました。当社は、「結婚SANKA」「家づくりナビ」という雑誌を発行していて、ブライダルと住宅のマーケットで人々と企業の出会いをつくっています。

どちらも人生で一度の一大イベントですからね。メディアを超えて、リアルな相談サロンをつくろうかと。そして、もっと深く人々の希望や悩みに直接耳を傾けようよと。そのうえで最適な式場や住宅メーカーを、中立的な立場で紹介しようと考えたんです。相談サロン「ココカラ。」は、本社社屋の1階にオープンしました。

社長も進んでチャンスをくれるんで、新しいことに挑むうえで、壁はなんにもありません。加えて、元リクルートの敏腕がうちにはいるので、その大先輩からビジネスプロデュースについて盗んでいます。市場創造性の高い戦略について、あれこれ視点を与えてくれる師匠ですね。「お前はディテールが甘いなあ」と笑顔でキツイ指摘をくださいます(笑)。

私もそろそろ後輩育成に本腰を入れたい。自分主体で動きたくてたまらない人間がいいですね。

自ら機会をつくって、その機会によって自分で成長しようとする人間。そんなヤツに、私は自分のぜんぶを伝えるし、ライバルとして勝負したいと思います。年齢なんて関係ない。プロは、実力と結果がすべてですから。

松田 和也

2011年新卒入社
リビング統括部 リビング営業部
高岡営業所 係長

応用生命科学部食品科学科卒。
異色だね、と言われる。でも違う。
ものづくりがしたかった。
ここは、僕の希望の場所。

周りはみんな食品メーカーとか、製菓メーカーとかにいく。僕も流通とか内定はもらっていたんですが、どうもしっくり来ない。自分の心を見つめてみると、やはりものづくりへのこだわりがある。そこは捨てられない。だからカラフルカンパニーを選びました。ここなら、クリエイティビティ―を生かせるだろうと。

理系だから、営業で苦労しているのでは、という人もいます。でも、力まかせのパワーセールスじゃないですからね。広告出稿を通じて、お客様の販売やサービス拡大を支援する。マーケットの特性をちゃんと考えて、ふさわしいタイミングで、根拠のある情報設計をしなければなりません。つまり、合理性とか論理的に考える組み立てとか、いわゆる理系的な整理能力も生かせる仕事なんです。

いろいろなタイプの仲間がいますが、たまたま入社当時の上司が僕にとってすごく勉強になった。話がうまいというよりは、筋道をたててお客様に丁寧に説明していく方で、内容も明瞭。プレゼンテーションや提案のコアがわかりやすく、伝わりやすい。僕のようなタイプには実に手本になるコミュニケーション方法でした。

メディアプランナー(営業)かあ、自分に合うのかなあと心配な学生もいると思う。だけど、この仕事はプッシュ型というより相手の話を聞いて、そこから大事なポイントを吸いあげて、プラスアルファを考えて提案する。だから、友達の話とかよく聞いてあげて、そのうえで親身なリアクションを返せるタイプの学生なら、きっと相性はいいと思います。

いえ、話を聞く、といっても相づちを打っているだけでは、もちろん良い仕事はできません。私もようやくできつつあるところですが、メディアに掲載する広告の原稿内容を、ヒアリングに基づいて企画しなければならない。お客様が見たときに、「なるほど、こう表現すればターゲットに響きそうだね」とか「こういう企業情報の書き方をすれば、来てほしいパートさんにヒットしそうだね」とか。お客様が発見してくれるような新しい視点を、原稿に込めるわけです。ヒアリングはそのための起点。つまり、“聞くこと”が創造性発揮の第一歩なんです。奥が深いでしょ?深くって、ときどき自分の成長スピードとのギャップに腹が立つくらいです。

ときに困るほど、成長に頭打ちはない。だからこそ、どんな環境でも成長機会だと捉えることのできる人と一緒に働きたいですね。

福岡 末悠実

2016年新卒入社
北陸営業統括部 本社営業部 営業2課

元気だけがとりえじゃない。
ロジカルシンキングの福岡末悠実。
そろそろお見せしますよ。

自分で言うのはヘンかもしれないけど、私、成長意欲は高い方だと思う。だから就職するなら、都会へ出てもまれたほうがいいなって。でも出版系やテレビ局の説明会に行って、ふと思ったんです。同じ業種なら場所にこだわらなくてもいいんじゃないか。

で、地元企業も受けた。カラフルカンパニー、地元密着でいいかもって。面接が進んでいくうちに、どんどん好きになっていく。面接官も圧迫みたいなことをしない。自然体で言いたいこと言っている学生に、先輩たちはしっかりと耳を傾けてくれた。8割は私が話して、面接官は2割くらい。こんな私を受け入れてくれる懐の深さに、心を動かされました。

面接では深掘りしてもらいました。「福岡さんは納得したらすごく積極的に動くタイプだろうけど、腑に落ちないと前のめりになれないタイプかな。話は面白いけど、もっと相手の目線で端的に話せるといいね」って。当たっていた。そこはいまでも課題。上司によく言われるんです。「目線を下げて一つのことにとらわれてはダメだよ。視点を高く持とう」って。

最初は、情報誌の編集職を希望していました。私がカケハシになって、企業と地域の人々を、価値ある情報でつなぎたい。企業やお店の発展を手伝いつつ、地域の暮らしを豊かにしたい。でもある日、先輩が指摘してくれた。「福岡さんのやりたいことは、つまりメディアプランナー(営業)だよね」

この仕事、好きです。日々充実しています。でも、ちょっと壁にもぶつかっています。私は明るいし積極的だし、私のことを好きになってくれる人は信頼を寄せてくださる。でも、話が長いところがあるし、いまは整理上手とは言えないので、合わないお客様もいるかもしれない。面接の時に指摘された弱みとつながる。特に情報整理がうまくいかなくて、正直、悩んだりもします。

でも、仲間が言ってくれるんです。「自分の課題がはっきりしていて良かったね。その課題から、目を背けずに、しっかりと向き合っている。成長できるよ」

うれしかったなあ。人間パーフェクトとはいかないから、強みを伸ばしつつ、一歩一歩弱点を克服していきたいと思います。

取引や提案の実績もいくつかできたので、これからはそこをモデルケースとして、お客様に新しいプランを紹介していきたいですね。上司が同行営業の前後に、「ここはこういう理由で、こんなプレゼンにしよう」とか「あそこはこの事実や数字を使って、こう説明すべきだった。その根拠はこれだ」といった具合に、具体的に納得できる指導をしてくれる。「福岡は行動力あるから、着実に吸収して、丁寧に仕事をすれば伸びるから」という一言を忘れずに。ホント、ありがたいです。

みなさん、期待してくださいね。なかなかロジカルで切り口鮮やかな福岡末悠実。そろそろお見せします。

データで見る社員の特徴

男女比率 産休・育休取得率 子育て世帯率 Uターン入社比率 年間休日:125日 GW:9連休 夏季休暇:10連休 冬季休暇:8連休
社風

「よく働き、よく遊べ」

MY LIFE

僕は、高給や出世を手に入れたいタイプ。でも家族のおだやかな暮らしをないがしろに成功しても、手に入るのは悔いだけだと思った。

日帰りでスキーしたり、能登でサーフィンしたりキャンプしたり。春夏秋冬、焼けています。

東京の大学に行って、ようやく気づいた。加賀は魚もお肉もお米も、ホントにおいしいの。ワタシ、ほぼ地産地消。あ、お酒もね。

都会の駐車場代、ハンパない。ドライブやツーリングも気ままに楽しめないよ。これから海岸線、飛ばしてきます!

COLORFUL WAY

社名に込めた宣言

カラフルカンパニー。空に大きな橋を描く虹のような社名は、地元で暮らす人々と、地元に根ざすお店や企業をつなぐ「出会いのよろこび」「きずなづくり」を意味します。また、豊かで美しい色彩へのシンパシーを込めた社名は、「地元で暮らす希望」「地元の暮らしの豊かな多様性」を意味します。

私たちはカラフルなりぼんで、地元の生活者と企業をハッピーに結ぶカンパニーでありつづけます。カラフルカンパニーの事業目標の一つ。それは、生活情報や暮らしの文化格差を地元からなくすこと。誰にでも微笑みかけるフェアで、オープンで、そしてフレンドリーなメディアインフラをつくることです。

年齢やデジタルリテラシーの高低で、情報弱者を生んでしまう世の中は、やはり不健康。すべての

人々に、暮らしのクオリティーが高まる生活情報をバリアフリーでお届けする。すべての人々に、生活カルチャーの豊かさを、カラフルに、刺激的に、リアルタイムでお届けする。それが、カラフルカンパニーのソーシャルミッションであり、アイデンティティーです。

カラフルカンパニーが地元にあるから、人のこころがふくらむ。お店や企業もうるおう。そう言われる企業でありつづけてこそ、存在する意味があります。

あなたがどれほど優秀な人であろうと、この想いに共鳴できない人とは仲間になれません。想いと志でつながること。それが、カラフルカンパニーのカラフルパーソンの証であり、きずななのです。

ミッションワード

カラフルな生活情報の虹で、
人と企業をつなごう。暮らしをカラフルに彩ろう。

社員の7つの約束

1.いちばんの宝物は、一人ひとり個別の長所。一色に染めない。
2.能力のカラーはちがっていい。ただし全員が挑戦の牙を持つ。
3.私を動かすのは、誰かの「やれ」より、私の「やりたい」。
4.疑う力を高めよう。たゆまぬ改善改良スピリッツをDNAに。
5.社会性と収益性を両立させる。世の中も私たちも幸せになれる。
6.日本一自慢したい企業になる。就職人気、地元№1になる。
7.地元を元気にし、日本中がうらやむ地元づくりの主役になる。

GROUP POWER

上場グループ、6つのメリット

  • 母体である株式会社クイックは、1980年創業の老舗。東証一部上場の総合人材サービス企業として、多彩なサービスを展開中。事業のすそ野がどっしりと広く、安定成長しています。
  • 社員のご家族には、グループ力を安心材料にしていただけます。社員には、いずれ自社だけではなくグループのチカラを活かすプロジェクトを起こすチャンスや、逆にグループにパワーを送り込むプロジェクトを立ち上げられるチャンスがあります。
  • 人を心から大事にする精神性。「関わった人全てをハッピーに」を経営理念に掲げ、お客様や従業員、地域の人々や従業員のご家族も尊重する人間観で、社会と調和したハーモニアスな発展を遂げています。
  • 以下の図版をご覧ください。これが、全11社で構成されるクイックグループの事業領域。グループの9/11の事業は人材サービスに位置づけられますが、カラフルカンパニーは情報出版事業(情報サービス)であり、異色の存在。単なる系列会社ではなく、独自性から戦略企業として注目されています。
  • 事業特性から、複数の自社メディアを企画運営するチカラを持ち、地域の人々と企業やお店のカケハシとなりつつ、マーケットそのものを創造できるコミュニケーション力とソリューション力(課題解決力)を持っています。つまり、スキルを磨ける環境があります。
  • 東証一部上場の優位性は、資金調達力と社会的信用力の高さ。土台がどっしりと確かだからこそ、思い切りジャンプできます。挑戦できます。

クイックグループの事業ドメイン

PROFILE

事業内容
■編集出版事業
北陸3県および新潟県を対象とした
出版物(フリーペーパー・有料誌)の発行
■インターネット事業
WebサイトやWebサービスの企画開発・運営
■ポスティング事業
チラシ、DM、サンプル等のポスティング業務
およびアンケート調査や封入作業など各種代行作業
■コンシェルジュ事業
専属アドバイザーに直接相談できる対面サービス、
各種情報提供・サポート
『ココカラ。ウエディング』、『ココカラ。家づくり』、『ココカラ。縁結び』、『ココカラ。転職』
事業所
石川本社/石川県金沢市玉鉾3-29
富山支店/富山県富山市上袋716-2
新潟支店/新潟県新潟市中央区女池神明2-6-4
福井営業所/福井県福井市開発1-120-1
高岡営業所/富山県高岡市東上関1-2
設立
1983年4月
代表者
代表取締役社長 中井 義貴
資本金
9,800万円(2017年3月31日現在)
売上高
18億507万円(2017年3月期実績)
従業員数
165名(2017年10月1日現在)
出版物
■フリーペーパー
『金沢情報』『富山情報』『新潟情報』/生活情報誌

■有料誌(書店・コンビニで販売)
『家づくりナビ』/住宅情報誌
『Tateta』/住まいの実例集
『結婚SANKA』/ブライダル情報誌
『週末、金沢あそび。』、『Lunch Fan!』、
『金沢ラーメン案内』、『いしかわの温泉』、『富山 旨い肉と出会う本』ほか
運営サイト
『金沢情報Web・富山情報Web・新潟情報Web』
http://colorfulcompany.jp/
『週末、金沢。』
http://www.weekend-kanazawa.com/
『オシゴトパーク』 http://0451089.jp/
『家づくりナビ』 http://myhome-i.net/
『結婚SANKAナビ』
http://kekkonsanka.com/
『marrico』
http://marrico.kekkonsanka.com/
『ココカラ。』https://co-co-color.com/
関連会社
・株式会社クイック(東京証券取引所市場第一部)
・株式会社キャリアシステム
・株式会社アイ・キュー
・株式会社ワークプロジェクト
・株式会社クイック・グローバル
・QUICK USA,Inc.(アメリカ)
・上海QUICK(中国)
・QUICK VIETNAM CO.,LTD.(ベトナム)
・QUICK GLOBAL MEXICO, S.A. DE C.V.(メキシコ)
・Centre People Appointments LTD.
(イギリス)

THANK YOU! 出会いに感謝。エントリーページにアクセスいただき、誠にありがとうございます。

当社へのエントリーは、
「リクナビ2019」「マイナビ2019」からお願いいたします。
エントリー、楽しみにお待ちしております!


お問い合わせ先
〒921-8002 石川県金沢市玉鉾3-29
株式会社カラフルカンパニー 新卒採用プロジェクト
沢村 香苗(さわむら かなえ)、山田 菜美(やまだ なみ)
Tel.076-292-1111
E-mail kikaku@colorfulcompany.co.jp

2019年度新卒採用 募集要項

募集職種
(1)メディアプランナー(営業)
(2)編集制作・Webライター
(3)グラフィックデザイナー
(4)Webデザイナー
(5)Webエンジニア
(6)マーケティングプランナー
※入社後まずは、全職種ともメディアプランナー(営業)に配属となります
勤務地
石川本社(金沢市玉鉾3-29)
富山支店(富山市上袋716-2)
新潟支店(新潟市中央区女池神明2-6-4)
福井営業所(福井市開発1-120-1)
高岡営業所(高岡市東上関1-2)
※Webデザイナー、Webエンジニア、マーケティングプランナーは石川本社のみ
採用人数
10名程度
給与
四大卒・院卒 月200,500円
高専卒 月184,000円
(固定残業代を含む)

※2019年度初任給予定
諸手当
役職手当、通勤手当(上限25,000円/月)、住宅手当、家族手当、車両手当
昇給
年1回(4月)
賞与
年2回(6月・12月)
勤務時間
9:00~18:00(休憩1時間)
休日休暇
完全週休2日(土日祝)
※年数回土曜出社あり(2017年度実績/5日)
GW、夏季、年末年始に大型連続休暇(2017年度実績 GW/9連休、夏季/10連休、年末年始/8連休)他、年次有給休暇、慶弔休暇、産前産後休暇、子の看護休暇、育児休業、介護休業
※年間休日125日(2017年度実績)
福利厚生
各種社会保険完備、定期健康診断、確定拠出年金制度、従業員持株制度、携帯電話貸与(営業職のみ)、独身寮(石川)、契約フィットネスクラブ(石川)の格安利用可、保養所・研修所(世界文化遺産 富山県五箇山・兵庫県播磨自然高原)、施設割引利用制度(健康保険組合契約の保養所・ホテル・旅館)、結婚祝い金制度、出産祝い金制度、災害見舞金制度
応募資格
2019年3月に四年制大学または大学院を卒業予定の方(学部・学科は問いません)
※高専を卒業予定の方は、Webデザイナー、Webエンジニア(要スキル)のみ対象
応募方法
「リクナビ2019」「マイナビ2019」からエントリーください
選考方法
適性試験、筆記試験、面接(複数回)
採用実績校
東北大学、筑波大学、茨城大学、都留文科大学、千葉大学、東京学芸大学、早稲田大学、慶応義塾大学、明治大学、法政大学、中央大学、立教大学、青山学院大学、日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学、首都大学東京、横浜国立大学、横浜市立大学、東海大学、神奈川大学、信州大学、新潟大学、長岡造形大学、富山大学、金沢大学、金沢美術工芸大学、石川県立大学、金沢工業大学、金沢星稜大学、福井大学、福井県立大学、静岡大学、名古屋大学、南山大学、中京大学、三重大学、京都大学、立命館大学、同志社大学、同志社女子大学、京都産業大学、京都橘大学、京都女子大学、大阪市立大学、関西大学、関西学院大学、関西外国語大学、近畿大学、龍谷大学、奈良女子大学、神戸大学、神戸市立外国語大学、神戸芸術工科大学、広島大学 ほか
提出書類
履歴書(内定後、卒業見込証明書・成績証明書・健康診断書を提出)

株式会社カラフルカンパニー

RIDE ON!

MESSAGE メッセージ

メッセージ

北陸に乗り遅れるな。

大都市の大手を蹴って、
入社してほしい。
石川、富山、新潟、福井。
北陸4県530万人。
きみが思うより
ずっと巨大な地元マーケットは、
新しい発展期を迎えている。
このチャンス、
みすみす見逃す手はありません。

BIG CHANCE 北陸発展のために

北陸発展の鍵、握ってます

RIDE ON TIME!make a new epoch

観光客が何百万人増えても、情報発信に魅力がなければ、打ち上げ花火で終わる。だから、カラフルカンパニーがやる。

石川、富山、新潟、福井が、北陸新幹線の開業により、大都市に暮らす人が旅してみたい文化エリアに変わった。

北陸エリアでの食事、ホテルや旅館での宿泊が増える。お土産や思い出の記念品なども売れる。公共交通機関やタクシー、レンタカーなどを使用してのドライブ観光も増える。企業進出で雇用も増える。首都圏への販売ルートも拡大し、地元企業は発展する。

RISE 地元で昇ろう

RISE

地元で昇ろう。

北陸のマーケットを見ずに、
大都市オンリーの就活はリスキー。
地元の金沢、富山、新潟、福井を、
候補に入れるべきです。

B北陸の発展を主役として担える会社。レベルの高い仕事ができる会社なら、地元もいい。

Bのあなた、求む。地元で落ち着く、ではなく、地元を沸かせる就職を。カラフルカンパニーへ、ようこそ!

地元には、友や家族がいる。心が落ち着く風景もある。でも、社員たちはそれだけで、地元で働くことを選んだわけじゃない。 ビジョナリ―で戦略的な「カラフルカンパニー」との出会いが、背中を押してくれた。
「この会社なら、地元を沸かせる、地元できわ立つ。そんなまぶしい仕事がきっとできる。大都市に負けない、高度な仕事がきっとできる」
そんな期待が、地元就職を決心させてくれた。
志は高いが、若くて未熟。だから、いいのです。この手で変革する喜び、創り上げる喜びが、たっぷりあるからいいのです。
受け身ではなく、主体的に夢や希望を追いかけられる場所。カラフルカンパニーへ、ようこそ。

地元で、昇ろう。

社長からのメッセージ

KANAZAWA > TOKYO

11年、東京で働いた。
金沢に来て8年目。
これからの成長感は
その11年を超える予感がします。

北陸新幹線は、北陸発展のすさまじい起爆剤になった。これは間違いのないことです。しかし、私たちは行政の努力に依存するつもりは毛頭ありません。むしろ、行政に負けないほど主体的かつ積極的な姿勢で、北陸発展を引っ張るリーディングカンパニーの1社をめざしたいと決意しています。
北陸3県と新潟県に根ざした編集出版事業、インターネット事業、そして企業の戦略パートナーという立ち位置を通じて、地元のお店やサービス企業に働きかけます。
そして、観光客を惹きつけてやまない<目新しい飲食サービスのあり方><個性的な宿泊のあり方><ユニークなお土産もの><北陸文化を堪能できるドライブコース>などを、ともに企画創出していきたい。ただ単に既存の楽しさを情報化するだけではなく、新しい楽しさを地元企業とともに新たにビルディングして情報発信していく計画なのです。
「地元の街や町が元気になる、メディア事業やサービスの創造と展開」「地元企業の成長を支える戦略プランニング」に加えて、「観光エリアとしての企画創出」いう新しい社会ミッションを抱けることは、じつに名誉なことだと感じています。
カラフルカンパニーは加速をつけて、もっともっとエキサイティングな企業になります。私の経歴は、名古屋勤務が10年、福岡勤務が1年、東京勤務が11年ですが、金沢でのこれからの数年は、東京の11年を上回るダイナミックな隆盛期になるのではと、武者震いしているほどです。
この地域のこれからを、私といっしょに、切り拓きませんか。

代表取締役社長 中井 義貴

BUSINESS 事業について

大マーケット、握ってます

BIG IMPACT

約530万人の幸せに貢献する責任が、私たちにはあります。いえ、偉そうではなく、それだけの影響力があるのです。

私たちが編集出版する生活情報誌を、毎週100万人以上が、読んでくださる。毎週平均200以上の会社やお店が、情報掲載を求めてくださる。北陸生活のすごい情報インフラを、私たちは握っている。北陸どころか全国の企業がうらやむ、すごい事業資産。これで貢献できなければ、失格じゃないですか。

●私たちは、「金沢情報」「富山情報」「新潟情報」という生活情報誌を、毎週55万5千部、編集発行。1戸当たりご家族3名が手に取るとして、毎週166万人もの読者がついている、という計算になります。
●週刊ですから、春夏秋冬、毎週毎週166万人が、この生活情報誌を待っていてくださる。暮らしの深いところにしっかりと根付いているのです。
●スケールの大きな事業資産と資源を、カラフルカンパニーは保有しているわけですから、働く社員は現状に満足することなく、いつも新しいビジネスとサービス創造にチャレンジしつづける使命があるのです。
●この使命を背負って、新しいサービスづくりに挑みたい人、ぜひ来てください。

大都市の大手を蹴ってください。21兆6,000億円の経済が、きみを待っている。

経営者の戦略パートナーをめざそう。企業を動かすことで、人々を動かし、経済と暮らしを活性化する。これがビジネスモデルの基盤です。

●展開するメディア事業には、“情報発信を楽しみにしてくださる一般読者”と、そして“広告メディアとして情報掲載に投資くださるお店や企業”という2つのお客様がいます。
●求人情報やファッション情報、美容情報やグルメ情報、結婚式や住まい選びに関する情報など、すべての情報発信の基準は、“生活者の役に立てるか、お得だと感じてもらえるか、わくわくできるか”という生活者視点であると同時に、“その情報発信で人がどれだけ動くか、その動きで企業成長をどれだけ支援できるか”という経営視点が求められるのです。
●この2つの視点でメディア開発と販売ができる、というポイントが私たちの仕事をより創造的にしています。「街の活性化とは結局、人と企業の動きを元気にすることに行きつく」この真実を体現するメディア事業、それがカラフルカンパニーのビジネスなのです。

メディア一覧

フリーペーパー

  • 金沢情報

  • 富山情報

  • 新潟情報

有料誌

  • 家づくりナビ

  • Tateta

  • 結婚SANKA

  • 週末、金沢あそび。

  • Lunch Fan!

  • 金沢ラーメン案内

  • いしかわの温泉

  • 富山 旨い肉と出会う本

インターネット事業

  • 金沢情報Web
    富山情報Web
    新潟情報Web

  • オシゴトパーク

  • 家づくりナビ

  • 結婚SANKAナビ

  • marrico

  • 週末、金沢。

  • namarii

  • 一期一酒いしかわ/とやま

  • LINEスタンプ
    金沢弁/富山弁/新潟弁/福井弁

コンシェルジュ事業

  • ココカラ。ウエディング
    ココカラ。家づくり
    ココカラ。縁結び
    ココカラ。転職

関連事業

  • ポスティング事業

  • イベントやセミナーの企画・開催

出版事業というより、地元の元気を創る仕事

HUNGRY

単なる情報メディア売りではなく、情報で元気なマーケットを創る。高度なノウハウですが、伸びしろNo.1の当社は能力開発にハングリーです。

どんな情報をどう特集し加工編集すれば、“新しいマーケット”を生み出せるだろう。当社のカラフルパーソンたちは、地元を元気にするための戦略的なマーケットづくりに注力しています。まだまだ未熟、もっともっと伸びる。そう信じているから、成長に天井はありません。私たちは、伸びしろナンバー1のカラフルカンパニーです。

●企業の求人情報や販売トレンドを発信することで、地元の人々の会社への応募や商品・サービスの購入などの行動へとつなげていく。あるいは、「人は今こんな動きを見せているから、企業はそこを狙ってこんな計画で動くべきですよ」とこちらから人々に支持される戦略を提案する。「こんな特集を組めば、こんなターゲットの来店がきっと増える。売上アップのチャンスです。この特集に参加するために、新メニューを開発しませんか」と経営に踏み込んでサービスのあり方を提案することもあります。
●営業職も編集職も、単にページを企画しページを販売する単純ワークではありません。それも大事なことですが、社員たちはいまそこを超え、より付加価値の高いバリューメーカーへとギヤチェンジ。
●4県あわせて21兆6,000億円を超える経済規模とたくさんの経営者も、カラフルカンパニーにもっと深く切り込んだ提案、企業成長へとつながる一つ上のコンサルティングを期待してくれています。

ところできみは、成長にハングリーな人ですか?よかった、いい仲間になれそうです。

WORK & LIFE 社員たちの声

転職者の声

芳滝 俊介

2013年中途入社
北陸営業統括部 本社営業部
営業1課 課長
2015年度年間MVP受賞

大都市と同レベルの品質要求。
壁の高さと感じるか、成長チャンスと感じるか。
私はもちろん、後者と仲間になりたい。

実家は神奈川県で、大学は東京。新卒での就職先も東京です。ポイントカードを活用した販売促進を、スーパーマーケットに対してコンサルティングしていました。たまたま石川が転勤先になったときは、「え?地方?」って感じで。

でも考えてみれば、私は都会が大好きというわけではない。満員の通勤電車とかすごくイヤで。金沢に3年半いたんですが、好きなサーフィンができるポイントは近いし、クルマ通勤だし、食事は美味いし、かなりの都会ですしね。

住みごこちの良さが体に馴染んでいたんだろうなあ、そのあと岡山県に転勤になって半年、無性に金沢に戻りたくなって。結果、退職しました。

金沢に戻って選んだのは、機械装置の製造メーカー。でも、型も機能もすでに完成された有形商品を販売提案することに、あき足らなさ、消化不良を感じ始めたんです。逆にそこで、自分が本当にやりたいことを再確認できたというか。

やはり私は自分で集めた情報をもとに、無形のソリューションサービスをこの手で企画アレンジして提案したいタイプなんです。

そんなわけで、カラフルカンパニーとの出会いはタイミングがぴったり。「金沢情報」のメディアプランナー(営業)は性に合っている。お客様の視点、自分視点、客観的な視点と、私自身の視界を広げながら事業主や経営者と向き合う。どんな企画を実施して、どんな消費者や求職者とお客様情報をつなげれば、お店や事業の売り上げがあがるのか。まさにマーケットとサービス価値そのものを自分で創造していける。

無形だからこそ、「自分で考えて自分で行動する」というハードルはあるわけだけど、「主体的に考えて動くことが好き」という学生なら、このハードルが自分を大きく育ててくれるはずです。

大都市と地方都市、いまや情報流通やトレンドはフラットになっていると思いますよ。ファッションとかグルメとか、ほとんど時差はない。つまり、情報アンテナも企画鮮度も時代性も、消費者の気分洞察や創り上げるメディアのクオリティーも、大都市とほぼ同レベルのものが求められる。そこを、壁の高さと感じるか、大きな成長チャンスと感じるか。私はもちろん、後者と仲間になりたい。

地元活性の仕掛け人紹介

團野 智典

2007年新卒入社
編集統括部 本社編集部
本社メディア編集課 課長
家づくりナビ・結婚SANKA・ムック本 編集長

目に見えない情報が
人や企業をつなぐ。
この好循環を生み出し続けたい。

大学は広島。特に地元志向じゃなく、雑誌とかの編集企画がやりたくて、出版系を探していた。たまたま大阪の会社説明会で、カラフルカンパニーに出会った。「説明会のあと、みんなでUSJに遊びに行くの!」って、リクルーターの人がうれしそうにしてた。

雰囲気もいいなあ、こんな明るい会社が地元にあるんならって、気持ちが傾きました。

編集部の役割は、単にメディアの文章やデザインを手掛けることじゃありません。メディアづくりを通して、人と企業の動きをつくり、人と企業をつないでいく。人が喜ぶサービス、企業発展につながるビジネスチャンス、それらを創造することで地元を元気にすることが本質なんだと思います。

最近手掛けたのは、「金沢ラーメン案内」の創刊。金沢は海鮮のイメージが強いですが、実はラーメン店も多く、人口に対するラーメン店の店舗数は、全国でも10位以内に入るほど。だからこそ、もっと地元のラーメンを知ってもらいたい、金沢にブームを起こしたい、という気持ちで創刊に至りました。

プロジェクトを立ち上げて、79店舗のお店に行き、実際に食べて記事にしました。どれも店主の熱い思いやこだわりが詰まった、自慢の一品。読者にそれが伝わるよう、メンバー全員で奮闘しました。

発売後は、想定以上に反響がありました。読者からは「こんな本が欲しかった!」という反応もありました。嬉しいですね。

「ココカラ。」という事業も立ち上げました。当社は、「結婚SANKA」「家づくりナビ」という雑誌を発行していて、ブライダルと住宅のマーケットで人々と企業の出会いをつくっています。

どちらも人生で一度の一大イベントですからね。メディアを超えて、リアルな相談サロンをつくろうかと。そして、もっと深く人々の希望や悩みに直接耳を傾けようよと。そのうえで最適な式場や住宅メーカーを、中立的な立場で紹介しようと考えたんです。相談サロン「ココカラ。」は、本社社屋の1階にオープンしました。

社長も進んでチャンスをくれるんで、新しいことに挑むうえで、壁はなんにもありません。加えて、元リクルートの敏腕がうちにはいるので、その大先輩からビジネスプロデュースについて盗んでいます。市場創造性の高い戦略について、あれこれ視点を与えてくれる師匠ですね。「お前はディテールが甘いなあ」と笑顔でキツイ指摘をくださいます(笑)。

私もそろそろ後輩育成に本腰を入れたい。自分主体で動きたくてたまらない人間がいいですね。

自ら機会をつくって、その機会によって自分で成長しようとする人間。そんなヤツに、私は自分のぜんぶを伝えるし、ライバルとして勝負したいと思います。年齢なんて関係ない。プロは、実力と結果がすべてですから。

理系が生きる仕事術

松田 和也

2011年新卒入社
リビング統括部 リビング営業部
高岡営業所 係長

応用生命科学部食品科学科卒。
異色だね、と言われる。
でも違う。
ものづくりがしたかった。
ここは、僕の希望の場所。

周りはみんな食品メーカーとか、製菓メーカーとかにいく。僕も流通とか内定はもらっていたんですが、どうもしっくり来ない。自分の心を見つめてみると、やはりものづくりへのこだわりがある。そこは捨てられない。だからカラフルカンパニーを選びました。ここなら、クリエイティビティ―を生かせるだろうと。

理系だから、営業で苦労しているのでは、という人もいます。でも、力まかせのパワーセールスじゃないですからね。広告出稿を通じて、お客様の販売やサービス拡大を支援する。マーケットの特性をちゃんと考えて、ふさわしいタイミングで、根拠のある情報設計をしなければなりません。つまり、合理性とか論理的に考える組み立てとか、いわゆる理系的な整理能力も生かせる仕事なんです。

いろいろなタイプの仲間がいますが、たまたま入社当時の上司が僕にとってすごく勉強になった。話がうまいというよりは、筋道をたててお客様に丁寧に説明していく方で、内容も明瞭。プレゼンテーションや提案のコアがわかりやすく、伝わりやすい。僕のようなタイプには実に手本になるコミュニケーション方法でした。

メディアプランナー(営業)かあ、自分に合うのかなあと心配な学生もいると思う。だけど、この仕事はプッシュ型というより相手の話を聞いて、そこから大事なポイントを吸いあげて、プラスアルファを考えて提案する。だから、友達の話とかよく聞いてあげて、そのうえで親身なリアクションを返せるタイプの学生なら、きっと相性はいいと思います。

いえ、話を聞く、といっても相づちを打っているだけでは、もちろん良い仕事はできません。私もようやくできつつあるところですが、メディアに掲載する広告の原稿内容を、ヒアリングに基づいて企画しなければならない。お客様が見たときに、「なるほど、こう表現すればターゲットに響きそうだね」とか「こういう企業情報の書き方をすれば、来てほしいパートさんにヒットしそうだね」とか。お客様が発見してくれるような新しい視点を、原稿に込めるわけです。ヒアリングはそのための起点。つまり、“聞くこと”が創造性発揮の第一歩なんです。奥が深いでしょ?深くって、ときどき自分の成長スピードとのギャップに腹が立つくらいです。

ときに困るほど、成長に頭打ちはない。だからこそ、どんな環境でも成長機会だと捉えることのできる人と一緒に働きたいですね。

新卒入社者のリアルな声

福岡 末悠実

2016年新卒入社
北陸営業統括部 本社営業部 営業2課

元気だけがとりえじゃない。
ロジカルシンキングの福岡末悠実。
そろそろお見せしますよ。

自分で言うのはヘンかもしれないけど、私、成長意欲は高い方だと思う。だから就職するなら、都会へ出てもまれたほうがいいなって。でも出版系やテレビ局の説明会に行って、ふと思ったんです。同じ業種なら場所にこだわらなくてもいいんじゃないか。

で、地元企業も受けた。カラフルカンパニー、地元密着でいいかもって。面接が進んでいくうちに、どんどん好きになっていく。面接官も圧迫みたいなことをしない。自然体で言いたいこと言っている学生に、先輩たちはしっかりと耳を傾けてくれた。8割は私が話して、面接官は2割くらい。こんな私を受け入れてくれる懐の深さに、心を動かされました。

面接では深掘りしてもらいました。「福岡さんは納得したらすごく積極的に動くタイプだろうけど、腑に落ちないと前のめりになれないタイプかな。話は面白いけど、もっと相手の目線で端的に話せるといいね」って。当たっていた。そこはいまでも課題。上司によく言われるんです。「目線を下げて一つのことにとらわれてはダメだよ。視点を高く持とう」って。

最初は、情報誌の編集職を希望していました。私がカケハシになって、企業と地域の人々を、価値ある情報でつなぎたい。企業やお店の発展を手伝いつつ、地域の暮らしを豊かにしたい。でもある日、先輩が指摘してくれた。「福岡さんのやりたいことは、つまりメディアプランナー(営業)だよね」

この仕事、好きです。日々充実しています。でも、ちょっと壁にもぶつかっています。私は明るいし積極的だし、私のことを好きになってくれる人は信頼を寄せてくださる。でも、話が長いところがあるし、いまは整理上手とは言えないので、合わないお客様もいるかもしれない。面接の時に指摘された弱みとつながる。特に情報整理がうまくいかなくて、正直、悩んだりもします。

でも、仲間が言ってくれるんです。「自分の課題がはっきりしていて良かったね。その課題から、目を背けずに、しっかりと向き合っている。成長できるよ」

うれしかったなあ。人間パーフェクトとはいかないから、強みを伸ばしつつ、一歩一歩弱点を克服していきたいと思います。

取引や提案の実績もいくつかできたので、これからはそこをモデルケースとして、お客様に新しいプランを紹介していきたいですね。上司が同行営業の前後に、「ここはこういう理由で、こんなプレゼンにしよう」とか「あそこはこの事実や数字を使って、こう説明すべきだった。その根拠はこれだ」といった具合に、具体的に納得できる指導をしてくれる。「福岡は行動力あるから、着実に吸収して、丁寧に仕事をすれば伸びるから」という一言を忘れずに。ホント、ありがたいです。

みなさん、期待してくださいね。なかなかロジカルで切り口鮮やかな福岡末悠実。そろそろお見せします。

データで見る社員の特徴

データで見る社員の特徴

男女比率 産休・育休取得率 子育て世帯率 Uターン入社比率 年間休日:125日 GW:9連休 夏季休暇:10連休 冬季休暇:8連休

社風

「よく働き、よく遊べ」

地元ライフ、紹介

MY LIFE




COMPANY 会社について

社名に込めた想い

COLORFUL WAY

社名に込めた宣言

カラフルカンパニー。空に大きな橋を描く虹のような社名は、地元で暮らす人々と、地元に根ざすお店や企業をつなぐ「出会いのよろこび」「きずなづくり」を意味します。また、豊かで美しい色彩へのシンパシーを込めた社名は、「地元で暮らす希望」「地元の暮らしの豊かな多様性」を意味します。

私たちはカラフルなりぼんで、地元の生活者と企業をハッピーに結ぶカンパニーでありつづけます。カラフルカンパニーの事業目標の一つ。それは、生活情報や暮らしの文化格差を地元からなくすこと。誰にでも微笑みかけるフェアで、オープンで、そしてフレンドリーなメディアインフラをつくることです。

年齢やデジタルリテラシーの高低で、情報弱者を生んでしまう世の中は、やはり不健康。すべての人々に、暮らしのクオリティーが高まる生活情報をバリアフリーでお届けする。すべての人々に、生活カルチャーの豊かさを、カラフルに、刺激的に、リアルタイムでお届けする。それが、カラフルカンパニーのソーシャルミッションであり、アイデンティティーです。

カラフルカンパニーが地元にあるから、人のこころがふくらむ。お店や企業もうるおう。そう言われる企業でありつづけてこそ、存在する意味があります。

あなたがどれほど優秀な人であろうと、この想いに共鳴できない人とは仲間になれません。想いと志でつながること。それが、カラフルカンパニーのカラフルパーソンの証であり、きずななのです。

ミッションワード

地元の暮らしをカラフルに。

カラフルな生活情報の虹で、
人と企業をつなごう。暮らしをカラフルに彩ろう。

社員の7つの約束

  1. いちばんの宝物は、一人ひとり個別の長所。
    一色に染めない。
  2. 能力のカラーはちがっていい。
    ただし全員が挑戦の牙を持つ。
  3. 私を動かすのは、誰かの「やれ」より、
    私の「やりたい」。
  4. 疑う力を高めよう。
    たゆまぬ改善改良スピリッツをDNAに。
  5. 社会性と収益性を両立させる。
    世の中も私たちも幸せになれる。
  6. 日本一自慢したい企業になる。
    就職人気、地元No1になる。
  7. 地元を元気にし、
    日本中がうらやむ地元づくりの主役になる。

東証一部上場企業グループ

GROUP POWER

上場グループ、6つのメリット

  • 母体である株式会社クイックは、1980年創業の老舗。東証一部上場の総合人材サービス企業として、多彩なサービスを展開中。事業のすそ野がどっしりと広く、安定成長しています。
  • 社員のご家族には、グループ力を安心材料にしていただけます。社員には、いずれ自社だけではなくグループのチカラを活かすプロジェクトを起こすチャンスや、逆にグループにパワーを送り込むプロジェクトを立ち上げられるチャンスがあります。
  • 人を心から大事にする精神性。「関わった人全てをハッピーに」を経営理念に掲げ、お客様や従業員、地域の人々や従業員のご家族も尊重する人間観で、社会と調和したハーモニアスな発展を遂げています。
  • 以下の図版をご覧ください。これが、全11社で構成されるクイックグループの事業領域。グループの9/11の事業は人材サービスに位置づけられますが、カラフルカンパニーは情報出版事業(情報サービス)であり、異色の存在。単なる系列会社ではなく、独自性から戦略企業として注目されています。
  • 事業特性から、複数の自社メディアを企画運営するチカラを持ち、地域の人々と企業やお店のカケハシとなりつつ、マーケットそのものを創造できるコミュニケーション力とソリューション力(課題解決力)を持っています。つまり、スキルを磨ける環境があります。
  • 東証一部上場の優位性は、資金調達力と社会的信用力の高さ。土台がどっしりと確かだからこそ、思い切りジャンプできます。挑戦できます。

会社プロフィール

PROFILE

事業内容
■編集出版事業
北陸3県および新潟県を対象とした
出版物(フリーペーパー・有料誌)の発行
■インターネット事業
WebサイトやWebサービスの企画開発・運営
■ポスティング事業
チラシ、DM、サンプル等のポスティング業務
およびアンケート調査や封入作業など各種代行作業
■コンシェルジュ事業
専属アドバイザーに直接相談できる対面サービス、
各種情報提供・サポート
『ココカラ。ウエディング』、『ココカラ。家づくり』、『ココカラ。縁結び』、『ココカラ。転職』
事業所
石川本社/石川県金沢市玉鉾3-29
富山支店/富山県富山市上袋716-2
新潟支店/新潟県新潟市中央区女池神明2-6-4
福井営業所/福井県福井市開発1-120-1
高岡営業所/富山県高岡市東上関1-2
設立
1983年4月
代表者
代表取締役社長 中井 義貴
資本金
9,800万円(2017年3月31日現在)
売上高
18億507万円(2017年3月期実績)
従業員数
165名(2017年10月1日現在)
出版物
■フリーペーパー
『金沢情報』『富山情報』『新潟情報』/生活情報誌

■有料誌(書店・コンビニで販売)
『家づくりナビ』/住宅情報誌
『Tateta』/住まいの実例集
『結婚SANKA』/ブライダル情報誌
『週末、金沢あそび。』、『Lunch Fan!』、
『金沢ラーメン案内』、『いしかわの温泉』、
『富山 旨い肉と出会う本』ほか
運営サイト
『金沢情報Web・富山情報Web・新潟情報Web』
http://colorfulcompany.jp/
『週末、金沢。』
http://www.weekend-kanazawa.com/
『オシゴトパーク』 http://0451089.jp/
『家づくりナビ』 http://myhome-i.net/
『結婚SANKAナビ』
http://kekkonsanka.com/
『marrico』
http://marrico.kekkonsanka.com/
『ココカラ。』https://co-co-color.com/
関連会社
・株式会社クイック(東京証券取引所市場第一部)
・株式会社キャリアシステム
・株式会社アイ・キュー
・株式会社ワークプロジェクト
・株式会社クイック・グローバル
・QUICK USA,Inc.(アメリカ)
・上海QUICK(中国)
・QUICK VIETNAM CO.,LTD.(ベトナム)
・QUICK GLOBAL MEXICO, S.A. DE C.V.(メキシコ)
・Centre People Appointments LTD.(イギリス)

RECRUIT 採用情報

エントリーと募集要項

THANK YOU!

当社へのエントリーは、
「リクナビ2019」「マイナビ2019」からお願いいたします。
エントリー、楽しみにお待ちしております!


お問い合わせ先
〒921-8002 石川県金沢市玉鉾3-29
株式会社カラフルカンパニー 新卒採用プロジェクト
沢村 香苗(さわむら かなえ)、山田 菜美(やまだ なみ)
Tel.076-292-1111
E-mail kikaku@colorfulcompany.co.jp

2019年度新卒採用 募集要項

募集職種
(1)メディアプランナー(営業)
(2)編集制作・Webライター
(3)グラフィックデザイナー
(4)Webデザイナー
(5)Webエンジニア
(6)マーケティングプランナー
※入社後まずは、全職種ともメディアプランナー(営業)に配属となります
勤務地
石川本社(金沢市玉鉾3-29)
富山支店(富山市上袋716-2)
新潟支店(新潟市中央区女池神明2-6-4)
福井営業所(福井市開発1-120-1)
高岡営業所(高岡市東上関1-2)
※Webデザイナー、Webエンジニア、マーケティングプランナーは石川本社のみ
採用人数
10名程度
給与
四大卒・院卒 月200,500円
高専卒 月184,000円
(固定残業代を含むを含む)

※2019年度初任給予定
諸手当
役職手当、通勤手当(上限25,000円/月)、住宅手当、家族手当、車両手当
昇給
年1回(4月)
賞与
年2回(6月・12月)
勤務時間
9:00~18:00(休憩1時間)
休日休暇
完全週休2日(土日祝)
※年数回土曜出社あり(2017年度実績/5日)
GW、夏季、年末年始に大型連続休暇(2017年度実績 GW/9連休、夏季/10連休、年末年始/8連休)他、年次有給休暇、慶弔休暇、産前産後休暇、子の看護休暇、育児休業、介護休業
※年間休日125日(2017年度実績)
福利厚生
各種社会保険完備、定期健康診断、確定拠出年金制度、従業員持株制度、携帯電話貸与(営業職のみ)、独身寮(石川)、契約フィットネスクラブ(石川)の格安利用可、保養所・研修所(世界文化遺産 富山県五箇山・兵庫県播磨自然高原)、施設割引利用制度(健康保険組合契約の保養所・ホテル・旅館)、結婚祝い金制度、出産祝い金制度、災害見舞金制度
応募資格
2019年3月に四年制大学または大学院を卒業予定の方(学部・学科は問いません)
※高専を卒業予定の方は、Webデザイナー、Webエンジニア(要スキル)のみ対象
応募方法
「リクナビ2019」「マイナビ2019」からエントリーください
選考方法
適性試験、筆記試験、面接(複数回)
採用実績校
東北大学、筑波大学、茨城大学、都留文科大学、千葉大学、東京学芸大学、早稲田大学、慶応義塾大学、明治大学、法政大学、中央大学、立教大学、青山学院大学、日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学、首都大学東京、横浜国立大学、横浜市立大学、東海大学、神奈川大学、信州大学、新潟大学、長岡造形大学、富山大学、金沢大学、金沢美術工芸大学、石川県立大学、金沢工業大学、金沢星稜大学、福井大学、福井県立大学、静岡大学、名古屋大学、南山大学、南山大学、中京大学、三重大学、京都大学、立命館大学、同志社大学、同志社女子大学、京都産業大学、京都橘大学、京都女子大学、大阪市立大学、関西大学、関西学院大学、関西外国語大学、近畿大学、龍谷大学、奈良女子大学、神戸大学、神戸市立外国語大学、神戸芸術工科大学、広島大学 ほか
提出書類
履歴書(内定後、卒業見込証明書・成績証明書・健康診断書を提出)