INTERVIEWカラフルな人

田守 玲奈(後編)

2017年新卒入社

メディアプランナー(営業)

  • 大学ではバイオ・化学を学んだ理系女子。新人研修を経てメディアプランナーとして営業課に配属後、2017年第3クオーター目標達成率1位を獲得。さらに、第4クオーターは、クオーター目標達成に加え、新規目標も達成。

★前編-理系大学でバイオ・化学を専攻し、カラフルカンパニーに就職した「リケジョ新人」- はこちら

 

【中井】 2017年第3クオーターの目標達成率1位を獲得。そして、第4クオーターは新規目標を達成。しっかり成果を出してくれてるね。メディアプランナー(営業)の仕事はどう? 難しいと感じるのは、どんなところ?

【田守】 訪問するお客さまがいつも「Welcomeな状態」というわけではないので、そこに入り込んでいくのって難しいなっていつも感じます。

【中井】 望まれていないところに営業に行って、お客さま自身も気づいていない課題を見つけて、解決のためのご提案をするって、確かに簡単なことではないよな。そういった、「Welcomeな状態」ではないお客さまの課題を見つけるために工夫してることとか取り組みって、何かあるの?

 

 

【田守】 とにかくお客さまのところに足を運ぶことですね。繰り返し訪問して、顔を合わせてお話しすることで少しずつでも信頼関係を築くようにしています。

【中井】 この1年で、何度も足を運んで対応が変化していったお客さまっている?

【田守】 たくさんおられます! 最初はまったく信頼されてなくて「なんか若い頼りないのが来たな」っていう感じの対応だったお客さまから、1年経って「今まで色んな会社の営業の人が来てくれたけど、田守さんが一番よかったよ」と言ってもらえたときは、本当に嬉しかったです。「田守さんだから、紹介したい人がいる」と、新しいお客さまをご紹介してもらえたときも、とても嬉しかったです。

 

 

【中井】 わかるわかる。僕も、最悪の印象からスタートしたお客さまと、結局すごく仲良くなって一番よく飲みに行くようになったことあるよ。ちなみに、玲奈は理系の大学で学んできたわけだけど、それが仕事で活きてるって思う部分はある?

【田守】 あります! 仕事の生産性を高めようとすると、お客さまと商談したり原稿を作ったりっていうスケジュール管理がよりシビアになってくるんですよね。何にどのくらいかかって、だから、いつから何を始めなければいけないかって。そういうスケジュールを逆算するのに必要な「脳の計算力」みたいなものは、理系的な力がけっこう活かせてるんじゃないかって感じます。

【中井】 そっか。限られた時間の中で生産性の高い仕事をしていくには、スケジュール管理は大切やもんな。

 

 

【田守】 それから、数字をかみくだいてお客さまに伝えるっていう部分でも、理系的な力が活きてますね。例えば、飲食店のお客さまの1年とか半年という長期スパンの売り上げ目標があったとして、その金額を1カ月とか1週間、1日に必要な売り上げ金額に分解したり、そのために必要な集客人数や、広告にかけられる予算を割り出したり。そういう計算系は得意分野なので、商談の現場ですごく役に立ってます。

【中井】 なるほど! 最初はかわいらしい感じで「こんにちは~」って入ってきた若い女の子が、商談になるとガラッと豹変してズバズバズバっと数字を交えてロジカルなご提案を繰り出すわけね! いいね~、ギャップあるね~!

【田守】 そのギャップの演出は、自分でもちょっと意識してます(笑)。

 

 

【中井】 そんなリケジョの玲奈から、就活中の学生さんに伝えたいことってある?

【田守】 文系、理系問わずですが、「勉強したことが活かされないかも」って不安になることもあると思うけど、それに囚われすぎずに、本当に自分が何をしたいのかを考えてみてほしいですね。人生の時間の中で仕事の時間がやっぱり大きいと思うので、自分の大切な人生の時間を何に使いたいか、素直な気持ちで考えてみてほしいです。

【中井】 本当にやりたいことをやらずに後悔するのはもったいないもんね。やってみて得られる充実感て、あるしね。最後になるけど、玲奈の今の目標って何?

 

 

【田守】 何かで「ナンバー1の女」になることです!何にするかは模索中なんですけど、「あの人は、ココがすごい!」って、言われるようになりたい!

【中井】 お! 「何のナンバー1」を目指すか、いつまでに決める?

【田守】 4月に後輩ができるまでには、ちゃんと決めないとって思ってます。

【中井】 売り上げナンバー1はどう? 「年間売り上げ1億円の女」なんて、かっこいいじゃん!

【田守】 1億~~~~! かっこいいですけど…もうちょっと考えます(笑)。

 

 

-対談終了-

 

『カラフルな人』トップページに戻る