INTERVIEWカラフルな人

松井 晴香(後編)

2016年中途入社

メディアプランナー(営業)

  • 2016年に金融業界からの転職で中途入社。『富山情報』の求人領域をメインに、メディアプランナー(営業)として活躍中。2018年2月で、入社3年目を迎えた。

(前編のまとめ)

「人の役に立てる仕事がしたい」と、新卒で地元の銀行に就職した松井さん。しかし、6年間働くなかで次第に「もっと人の役に立てる仕事が、他にもあるのでは?」と感じるようになり、転職を考えるようになった。カラフルカンパニーに転職して感じた、前職との違いや、求められる能力の違いとは何だったのか?
 
★前編-6年間勤めた金融業界からの転職- はこちら

 

【中井】 情報メディアを扱う会社って、銀行とは全然違うと思うけど、最初どう感じた? いいとこ、悪いとこ、教えてほしいな。

【松井】 悪いとこですか? 悪いところは・・・何だろう・・・。

【中井】 銀行は残業ってあったの? 月20時間くらいかな?

【松井】 残業ありましたよ。17時定時で、19~20時くらいに帰ってたので、ざっくり40~50時間くらいでしたかね。今の銀行だと、もうちょっと少なくなってると思いますけど。

【中井】 給料は銀行の方がよかったんじゃない?

 

 

【松井】 いや、変わらないですよ。ボーナスは銀行の方がよかったですけど、年収にすると変わらないです。カラフルカンパニーの営業だと、インセンティブ(報奨金)をいただけるので。

【中井】 へ~、そうなんだ。ちなみに、うちの場合はマネージャークラスになると、ぐんっと給料増えるから、がんばってね。

【松井】 ふふふ(笑)。

【中井】 雰囲気とかは、どうなの?

【松井】 そこは真逆です!

【中井】 カラフルの方がバカっぽいってこと?

【松井】 いやいや、いやいや(笑)。朝礼とか会議で、みんなが声を上げて笑ってることに、最初ビックリしました。銀行にいた時は考えられなかったです。

【中井】 え!? 笑わないの!?

 

 

【松井】 笑わなかったです。そういう雰囲気ではなかったですね。

【中井】 そっか、全然違うんだね。働き方ってどうなの?

【松井】 銀行にいた頃とは、ストレスが違うなって思います。

【中井】 どう違うの?

【松井】 今は、お客さまとお付き合いする上での責任感とかプレッシャーみたいなものは、ほどよくあるんですけど、社内の人間関係に気をつかう、ということは全く無いですね。

【中井】 確かに、うちは社内の人間関係、けっこうフラットだもんね。

 

 

【松井】 そうですね。普段のコミュニケーションもけっこうフラットですし、仕事面でも、年次問わず責任のある仕事も任せてもらえてますね。

【中井】 銀行と情報メディアの会社で、営業として求められる能力に違いは感じる?

【松井】 「お客さまに寄り添う」っていう姿勢はどちらも共通している部分だと思いますが、ここでは、お客さまの強みを見つけるために多角的な視点を持つことが必要なので、その点はちょっと違うように感じます。

【中井】 お客さまからの目線と、読者・生活者の目線と、そのどちらでもないニュートラルな目線ってことかな。

 

 

【松井】 そうですね。外からの視点で見るからこそ見えるお客さまの強みっていうのもありますし、お客さま自身が伝えたいと思っている強みというのも、もちろんありますし。その強みをどういう形で発信するとより効果的なのかというところも考えてご提案していく仕事なので、いろんな方向からお客さまのことを見なきゃいけないなって思います。

【中井】 なるほどね。ハルが今携わってる『富山情報』の求人広告って、業種には特化してないよね。飲食店があったり、医療関係があったり、小売店だったり、メーカーだったり。そのへんは、苦労したり、大変だったりする?

【松井】 そうですね、勉強の幅はかなり広いですね。扱っている商品は求人広告ですが、お客さまの求人募集の内容だけを把握していればいいというわけではないので。お客さまがどんな事業をしているかはもちろん、その業界全体の知識や、お客さまの企業が今どういう状況でどんな課題があるのかとか、そういった背景的な部分も理解していないと、本当に必要とされるご提案というのはできないので。業界知識も含めていろんなことを勉強しなきゃって思います。

 

 

【中井】 そういうのは、どうやって勉強するの?

【松井】 ネットでももちろんお客さまの情報を見ることができますが、お客さまに直接お聞きすることも多いですね。

【中井】 仲良くなったお取引先は、聞けばいろいろ教えてくれるもんな。それが一番いいかもね。ハルの、これからの課題は何?

【松井】 今はまだ目の前のことで手一杯で、自分と、自分のお客さまのことしか見えていないなって思います。でも、3年目ということで、ペア上司として新人のこともしっかり見ていきたいですし。年次はまだ3年目ですが、年齢的にはもう中堅なので、チームのことや富山支店全体も見渡して行動していかないとって思っています。

 

 

【中井】 近い将来、目指す姿とかビジョンみたいなものはある? マネージャーになりたいとか、新しいサービスを立ち上げたいとか、ビジネスキャリアを積みたいとか。

【松井】 う~ん。まだ明確なビジョンってほどには、持ててないですね。

【中井】 俺がこれからハルに望むのは、銀行で6年間がんばってキャリアを積んだ人が、うちでもしっかり活躍できるっていうロールモデルになることなんだよね。だから、自分自身で目標設定をしっかりして、そこを目指して進んでいってほしい。中途入社、新卒入社に関わらず仕事の成果で判断していくので、早く力をつけて、マネージャーとか目指してほしいなと思うよ。

【松井】 ありがとうございます。がんばります!

 

 

ー対談終了ー

『カラフルな人』トップページに戻る