INTERVIEWカラフルな人

團野 智典(中編)

2007年新卒入社

編集制作

  • 2012年:入社5年目で『家づくりナビ』編集長に
  • 2013年4月:係長へ昇進
  • 2014年10月:本社メディア企画課 課長代理へ。入社8年目でマネージャー業務を担う
  • 2015年4月:課長へ最年少昇進。『家づくりナビ』『結婚SANKA』『週末、金沢あそび。』『金沢ラーメン案内』『Lunch Fan!』などの編集長を兼務。『ココカラ。』事業の立ち上げにも携わる
  • 2015年度:年間MVP受賞
  • 2017年度:編集統括部マネージャー部門 上期・下期 MVP受賞

(前編のまとめ)

メディアを作るための考え方や、組織へのコミットの仕方が大きく変わったということが、結果として異例のスピード昇進につながったと話す團野さん。様々なメディアの編集長を務める彼が、マネージャーとして成長を感じた出来事とは何だったのか?

 

★前編-入社8年目でマネージャー業務を担う- はこちら

 

【團野】 最近は『週末、金沢あそび。』が自分の中でまた一つの転機でした。マネージャーとして嬉しいことがありました。

【中井】 何が嬉しかったの?

【團野】 元々うちのメディアは広告モデルなので、「販売誌を作って売る」という目的は今までなかったんです。広告商品ありきの設計が主で。だから、本を売るために工夫をいろいろするわけですけど、僕には編集制作の部署全体がなんだか自信なさそうに見えたんです。

【中井】 クライアントからの広告出稿を獲得しやすい本を作るってことに一生懸命だったから?

【團野】 「読者に買ってもらうために、どういう記事を作るか」っていうことは確かに考えていたんですけど、その結果が直接本の売れ行きを左右したかどうかって、分からないじゃないですか。だから、一度編集主体でメディアを作って、編集が形にした本が市場にどう受け入れられるのか、チャレンジしてみたいって思っていたんです。

 

 

【團野】 それを形にしたのが『週末、金沢あそび。』でした。制作期間は9カ月くらいですね。本が出来るまでの山あり谷ありは、鍛冶の対談記事を読んでいただければと(鍛冶 郁生 対談記事/中編)。なんと言っても、本が出来た後の打ち上げでの、みんなの笑顔とか「やりきった」って顔が、もう、忘れられなくて。すごい大変だったと思うんですよね。編集主体で本を制作することが初めてだったし、分からないことも多くてプレッシャーもあったでしょうし。「こんなこと起きるんだ」っていう想定外のことも起こるし。それに一つずつ対応していって。

 

 

【中井】 何が起こったの?

【團野】 企画倒れもいっぱいありましたし、どんな本になるか形として見せれるものが無かったので、店主さんに本のコンセプトを共感してもらうための工夫も色々しました。ただ、全部終わった後に出来上がったものを見て、みんな、本を見ながら酒のつまみみたいにして語るわけですよ。「このページは、こういうことが大変だったよね」とか、「これ、やっぱり載せて良かったよね」とか、「これはもっと、こうした方が良かったよね」とか。そんな時間が素晴らしいことだと思いましたね。そういう会話に、達成感や充実感がすごく感じられましたし、チャレンジすることの大切さを実感しました。

 

(『週末、金沢あそび。』の打ち上げにて)

 

【團野】 スタート時、「僕、これ作ります」って中井さんにプレゼンしに行きましたけど、編集部のメンバーは「え~、本当に作るの?」「マジか!? 本当に動き出したぞ」みたいな感じだったと思うんですよ。でも、本を少しずつ形にしていく中で、みんながどんどん本気になっていった。最終的に「大変だったけど、良かったね!」って言えることを、チームで一緒に形にできて、何て言うか、一体感みたいなものがすごくあって。これは、すごくおもしろいって思いました。

【中井】 本も売れたもんね。

【團野】 そうなんです。思った以上に売れましたね。1番ハードルが高いと思っていた女性をターゲットにした本でこんなに売れるとは、正直びっくりです。

【中井】 こういうメディアでいうと、ベストセラーってどのくらいなんだろうね?

【團野】 うーん。市場規模によるとは思いますけど。刷った数はけっこう強気の冊数なので、実は「半分いったらいいな」って感じでした。

【中井】 それがほとんど売れたんでしょ?

【團野】 はい、もう在庫はゼロです。

【中井】 編集主導のメディアの第2弾として『金沢ラーメン案内』も出したね。

【團野】 そうです。『週末、金沢あそび。』をきっかけに、カラフルカンパニーとして挑戦できることが確実に広がったと感じます。

【中井】 富山でもそういう本を作りたいって言って、今、進めているもんね。富山を含めた全社的にも、いい刺激になったよね。

 

 

 

※後編-これからやりたい事業- に続く

※前編-入社8年目でマネージャー業務を担う- はこちら

 

 

 

『カラフルな人』トップページに戻る