INTERVIEWカラフルな人

四住 美和【メディアプランナー(営業)】

2017年新卒入社

メディアプランナー(営業)

  • 石川県出身。2017年、関東の大学からのUターン就職で新卒入社。入社後は営業職としてタウン広告領域を担当。

 


一人ひとりにしっかり向き合う面接が入社の決め手


 

中井 入社時に「ここがいい。そう思ったからです」って、かっこよく入社の決め手を答えていたけど、それは直感的なものなの? 具体的に「ここがいいな」って感じた魅力は何だったの?

 

四住 まず、半分くらいは直感でした!(笑) 実は大学卒業後に、石川県に戻るつもりはありませんでした。地元のことを考えるきっかけになったのは、北陸新幹線の開通でした。周りの友達が観光で石川県に行く機会が増えて、「オススメの場所ってある?」ってよく聞かれるようになったんです。それに対して、地元なのに全然答えられなかった自分が恥ずかしくて、悔しくて。そのとき就活も始まっていたので、関東の企業からいくつか内定はもらっていたんですが、一社だけ地元の企業を受けようと思ったんです。兄が「ここはどう?」って紹介してくれたのが、カラフルカンパニーでした。

 

 

 

 

四住 面接を受けていくうちに、「ここは本当に私自身の内面をしっかり知ろうとしてくれている」と感じたのが決め手のひとつです。他の会社って「THE 面接」っていう感じの面接だったんですよね。それが面白くなくって。カラフルカンパニーは、私の答えに対してどんどんどんどん深掘りしてくれるような感じの面接で、とても新鮮でした。
あと、実力主義的なところもすごく魅力に感じました。何事にもチャレンジしてみたいという性格なので、年功序列の考え方とか、若手だから…っていうのは嫌だったんです。選考の途中で行われた先輩社員との座談会では、年次が若いときからいろいろなことにチャレンジしたという話を沢山聞くことができて、自分がやりたいことができそうだなと、より志望度が増しましたね。

 

中井 いいね。これこそうちの会社が求める「ポジティブな負けず嫌い」だね。今は実際にどんなことに挑戦しているの?

 

四住 美容室や飲食店といったタウン系のお店を中心に、販促のお手伝いをさせていただいています。2年目からは『金沢情報』の美容領域の特集の管理も任せてもらっています。他のメンバーが特集に対してどんな風に動いているのか、進捗を確認したり、自分が率先して受注をいただけるように動いたり、「任されたことはしっかりやる」ということを大切にしたくって、頑張っています。
ちょっと自慢すると、2019年の9/11号特大号では特集の目標金額に対して35%は私が売り上げました。より多くの読者の方のニーズに応え、より多くの美容系クライアントにご賛同いただけるように、特集のターゲット層を変更して、タイトルや見せ方の変更を提案したんです。

 

中井 素晴らしい! この後に大切なのは効果を検証すること。ターゲットを変えたのであれば、以前と比べてその層がどのように動いたのか、より分かりやすいような仕組みを作ることも大切だよね。ぜひ、どういうふうな効果が出たのかまた詳しく教えてほしいな!

 

 

 

 


上司とのストロークで身につけた客観性


 

中井 入社して3年、「成長したな」と思ったことはあるの?

 

四住 自分で言うの、なんだか恥ずかしいですね(笑)。でも「自分の考えを伝える力」ですかね。大学の頃や1、2年目のときは「思ったことを素直に伝える」ことが大事だって思っていました。でも、社会人になると学生のときとは比べ物にならないくらいにいろいろな人と関わるし、その人その人の考え方がある。だからこそ、コミュニケーションの中でミスリードが起こることが多々あって。2年目のときにマネージャーの芳滝さんから、「見られ方って大事だよ」って言われたんです。私はそれまで自分の想いだけを伝えようとしていたんです。でも、そのコミュニケーションには絶対相手がいる。相手にどう届いているかが前提にあって、その上で伝え方を考える必要があるなっていうことに気づくことができたんです。

 

 

 

 

中井 客観性が身に付いてきたんだね。何を伝えたかではなくて、どう伝わったかだよね。見られ方は自分の意図と違うこともあるんだなってことに、気づくことができたのは大きいよ。お客さんとの関係づくりにも活きてくるしね。すごいね、すごい速度で成長してるね!

 

 

 

 


夢がある人大歓迎! 現在と未来をつなげて業務に取り組む


 

中井 じゃあ、今後、実現したい夢はあるの?

 

四住 これはずっと変わってなくて、「起業すること」と「海外に行くこと」です! まだ本当にぼんやりとしていて、何をするのか、いつ始めるのかということは模索中なんですけど…。ゆっくりですが、準備もしています。ずっと継続しているのは英会話。週に1回はオンラインで英会話を勉強していて、会話もできるようになりました。ライティングに関してはまだまだなんですが。やり続けないとできなくなってしまうので、週に1回ですけど、やめずに続けていきたいです。

 

中井 起業したいと思っている(四住)美和にとって、経営者の方とお会いする機会が多いこの仕事は、すごく学びとか得るものが多いと思うよ。求められる仕事のレベルは決して低くないけど、だからこそビジネスにおける自分の価値をぐんぐん上げることができる。マーケットの動向をしっかり捉えて、自分が経営者だったらどう判断するか、という軸も意識してほしいな。でも、しっかり夢を持っていて、そのためにちゃんと自分で考えて行動できていることがいいね。夢を持っている人はウェルカムだから!

 

 

 

-対談終了-

『カラフルな人』トップページに戻る